Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

Z series 企画展
三好 和義 写真展
日本の楽園島

会期

2020年8月20日(木) 〜 2020年9月 7日(月) 日曜休館

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

2020年8月20日(木) 〜 2020年9月 7日(月) 日曜休館

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

開催内容

今回の写真展のために、ミラーレスカメラ Z 7 を持って、南西諸島を旅してきました。
今まで行ったことのない島から、もう何十年も通っている島まで16の島を巡って来ました。具体的には沖縄県の本島、伊平屋島、伊是名島、瀬底島、浜比嘉島、久高島、渡嘉敷島、宮古島、多良間島、石垣島、西表島、鹿児島県の悪石島、奄美大島、加計呂麻島、徳之島、沖永良部島です。
これだけ多くの島を巡ることができたのは、Z 7 の機動性の良さと、緻密で豊かな階調の表現力の良さです。
それにNIKKOR Z 14-30mm f/4 Sの逆光にも強い性能で思う存分、思った通りに表現が出来ました。
満足のいく気持ちで撮影したこの作品を楽しんでいただけたら幸いです。そして、是非 Z 7 を手にして、気持ちの上がる撮影旅に出かけてください。

(三好和義)


<新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止いたしました写真展の会期を変更して開催いたします>

※本展は2020年10月に大阪巡回展を予定しています。会期が決定いたしましたらご案内いたします。

プロフィール

三好 和義(ミヨシ カズヨシ)

1958年徳島市生まれ。中学時代に単独で沖縄先島へ撮影旅行に出掛ける。その写真で17歳の時初めての個展を銀座ニコンサロンで開催。これは現在でもニコンサロンで個展を開催した最年少記録。大学時代に本格的にプロ活動を始め、27歳の時、当時最年少で木村伊兵衛写真賞を受賞。以降「楽園」をテーマにモルディブ、タヒチ、セイシェルなどで撮影。出版した写真集は60冊を超える。近年は日本文化に関する撮影も多く「日本の世界遺産」「室生寺」などの写真集を制作。2018年 東大寺境内で写真展を開催。2020年 大型豪華本「東大寺」を出版。
2014年 ニッコールクラブ顧問に就任。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員