Nikon Imaging
Japan

ニッコールクラブ会員展
佐藤 哲也 写真展
炭鉱(ヤマ)の理容所

会期

2019年8月27日(火) 〜 2019年9月 2日(月) 日曜休館

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

開催内容

往時の雰囲気を残す北海道の炭住街に、70年前から変わらぬ姿の理容店がある。かつては、三番方が上がってくる早朝から、順番札を配るほどの賑わいだったという。しかし閉山後、次々と人々がヤマを去り、以来、お母さん一人で細々と店を守って来た。               
いつ撮影に行っても客は来ず、初めて客に出会えたのは、通い始めて2年目の夏だった。
やっと思う絵が撮れ、喜んだのもつかの間。秋風が吹き始める頃、それまで病気ひとつなかったお父さんに肺ガンが見つかった。店の営業許可などすべて、閉山前からお父さんの名義になったまま。それを今さら変更してもと、お父さんは店を畳むことを決意した。                       
酒もタバコもやらない真面目一筋のお父さんが、なんでこんなことに… と、お母さん…
それから3ヶ月後の冬の日。お父さんは静かに息を引き取った。                
やがて春となり、初めて店を訪れたあの日もお父さんが準備していた、炭鉱祭りの神輿とともに、お母さんの笑顔が帰って来た。

(佐藤 哲也)

プロフィール

佐藤 哲也(サトウ テツヤ)

小学校4年生からの恩師、故・軽部達郎先生の影響で写真に興味を持つ。小学校6年生の冬休み。周囲には内密で、茨城県から北海道へ、蒸気機関車撮影旅行に軽部先生に連れて行っていただく。小学校の理科実験室で暗室作業の手ほどきを受ける。        
北海道の自然と人に憧れ、北海道に進学。そのまま北海道で就職。道内各地の風景・山岳写真を撮り歩くが、その後、公私ともに多忙をきわめ、一時期、写真の世界から遠ざかる。その間、高校演劇部顧問として、脚本製作・演出・舞台照明などに深く関わる。   
数年前、転勤をきっかけに再び本格的に写真に取り組むようになり、現在に至る。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら