Nikon Imaging
Japan

Z 7 企画展
相原 正明 写真展
SPIRIT

会期

2019年2月19日(火) 〜 2019年3月 4日(月) 日曜休館

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

2019年4月25日(木) 〜 2019年5月 2日(木) 日曜休館

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

開催内容

オーストラリアを撮影して30周年。Nikon F生誕60年と2つの節目に新たなニコンの眼で日本を撮る。撮影コンセプトはオーストラリアと同じ、地球のポートレイト。この星が単なる惑星ではなく、46億年の一つの生命体として、笑ったり泣いたりした一瞬の表情を狙う。そこには当然、この大地の意志Spiritが存在すると感じる。それを表現したかった。その大自然のSpiritは自然の中の造形Katachiをも作り出す。それは人の営みにも影響する。今回はそのSpiritを通じて人工物も表現したい。それは自分のSpiritを表すことにもなるからだ。
狙ったのはZ 7の高画素が生きる細部まで、地球の意志が感じられる強い作品。風景写真ではなく地球のポートレイト。そして高画素が一番生きてくるモノクローム。撮影でつき詰めると色さえも邪魔な存在となる、そぎ落とした物のKatachiをも見せたい。単にデザインではなくその裏に潜む存在感を表現する。
カラーとモノクロ、自然物と人工物。この対比でSpiritを表現しかつ、新生ニコンのSpirit、そして僕のSpiritも表現したい。 (相原 正明)

プロフィール

相原 正明(アイハラ マサアキ)

1958年東京都出身。学生時代より北海道、東北のローカル線、ドキュメンタリー、動物、スポーツなどを撮影する。卒業後、広告代理店に勤務。1988年、8年間の代理店勤務ののち退社。オートバイによるオーストラリア単独撮影ツーリングに向かい、彼の地にて大陸とネイチャーフォトの虜になる。撮影ではホテル等は使わず、必ず撮影場所でキャンプして大陸と一体に成ることを、心掛けている。現在も一年のうち2~3ヶ月はアウトバック(オーストラリアの荒野)で撮影をしている。これまでオーストラリア大陸を旅した距離は25万キロに及ぶ。現在は上方落語を中心とした伝統芸能の世界も撮影している。2005年よりFriend of Tasmania(タスマニア州親善大使)の称号をもつ。国内外でのパブリックコレクション収蔵や写真展開催多数、写真集多数。

関連イベント