Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

募集中 ニコンサロン・フォトレビュー東京 2月25日(土) ※募集12/19ー2/22

開催日

2023年2月25日(土)

開催時間

14:00~17:00(13:30受付開始)

開催場所

〒163-1528 東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー 28階

開催内容

ニコンサロンで写真展開催を目指す35歳以下の若手写真家を対象に、ニコンサロン選考委員の小髙美穂氏と、写真家の甲斐啓二郎氏(ゲスト・レビュアー)によるフォトレビューを開催いたします。
フォトレビューへの参加は、事前の申し込みが必要です。定員は8名、先着順で受付いたします(定員になり次第募集は終了いたします)。
新型コロナウィルス感染拡大防止のため、当イベントへの参加はレビューにエントリーされる方に限定いたします。レビューにエントリーされない方の見学はできません。ご了承ください。

■募集期間:2022年12月19日(月)~2023年2月22日(水) ※ご応募の時点で35歳以下の方を対象といたします。
■参加確定のご連絡:先着順で参加を確定し、メールでご連絡いたします。
■レビューは以下の形式にて行います。
・方法   :レビュアー/参加者へ公開にてレビュー
・作品   :プリント作品(スライド、データは不可)
・サイズ  :A4サイズ以上を目安とする。
・並べ方  :長机の上にプリントを並べていただきます。
・時間   :1人につき、15分程度
・順番   :当日発表
※作品は参加者ご自身にて並べていただきます。
※あらかじめ作品を1枚ずつ長机に並べられるよう、準備をお願いします。
※作品点数制限はありません。
※作品枚数が極端に少ない方は、予定作品以外の写真もお持ち下さい。

レビュアー

小髙美穂(キュレーター/ニコンサロン選考委員)

甲斐啓二郎(写真家/ゲスト・レビュアー)
プロフィール:1974年福岡県生まれ。2002年東京綜合写真専門学校を卒業。現在、同校非常勤講師。 スポーツという近代的概念が生まれる以前の世界各地で伝統的に行われている格闘的な祭事を、その只中に身を投じながら撮影し、人間の「生」についての本質的な問いに対して写真で肉薄する作品を発表している。 写真集に『Shrove Tuesday』(Totem Pole Photo Gallery、2013年)『手負いの熊』(Totem Pole Photo Gallery、2016年)、『骨の髄』(新宿書房、2020年)がある。 2016年、写真展「手負いの熊」「骨の髄」で第28回写真の会賞を受賞。2020年、写真集『骨の髄』で第20回さがみはら写真賞、2021年、第45回伊奈信男賞を受賞。

レビュアーは変更になる場合があります。

参加費

無料

定員

8名

申し込み方法

参加申込方法:フォトレビューへの参加は、事前のお申し込みが必要です。先着順に参加を確定いたします(定員になり次第募集は終了いたします)。 募集期間内に、必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください(アドレス:Nikon-Salon.Event@nikon.com)

メールタイトルに「ニコンサロン・フォトレビュー東京 2/25(土)参加申込」とご記載ください。

メール本文に以下の必要事項をご記載ください。

  • 氏名
  • ふりがな
  • 年齢(半角)
  • 簡単なプロフィール
  • 作品タイトル
  • 作品内容(250文字以内)
  • メールアドレス
  • 電話番号(半角・ハイフン入り)

※レビュー中、申込メールでご記載いただいた「氏名/作品タイトル/作品内容」を会場で公開いたします。ご了承ください。

<個人情報の利用について>
お送りいただきました個人情報は、ニコンサロン・フォトレビューに関するご連絡、ニコンサロン関係の各種ご案内以外には使用いたしません。