Nikon Imaging
Japan

原 啓義 写真展そこに生きる

会期

2019年6月12日(水) 〜 2019年6月25日(火) 日曜休館

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

2019年7月 4日(木) 〜 2019年7月17日(水) 日曜休館

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

開催内容

「そこ」とは我々のすぐそば、指示代名詞の「そこ」。
「そこ」とは地面のすぐ上、大都会の「底(そこ)」。
「そこ」とは都心の動物階層の最下層、底辺の意。

舞台は東京都心の繁華街。
被写体はそこに棲むネズミたち。
嫌われ者であるネズミたちを正面から見つめ
彼らの目線に降り、その生き様を撮ってみたいと思った。

都心のネズミは物理的にも地位的にも最下層にいる。
人も鳥も相手が自分より格下だと思えば容赦なく攻撃する。
ネズミにとって周囲は脅威ばかり。
天敵の目を掠め、泥をすすり、地を這って生きる。

そこで生きたいから、そこに生まれたのではない。
そこに生まれたから、そこで生きるしかないのだ。
蔑まれ虐げられ、それでもなお生きねばならない。

ネズミたちを真正面から捉えてみると、誰も見たことのない彼らの姿が写っていた。

(原 啓義)

プロフィール

原 啓義(ハラ ヒロヨシ)

1970年生まれ
 
2017年 個展「ちかくてとおいけもの」(銀座ニコンサロン、大阪ニコンサロン)

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら