Nikon Imaging
Japan

津田 隆志写真展水域

会期

2018年12月17日(月) 〜 2018年12月29日(土) 日曜休館

10:30〜18:30(最終日は15:00まで)

2019年1月18日(金) 〜 2019年1月30日(水) 日曜休館

10:30〜18:30(最終日は15:00まで)

開催内容

「水域」は埼玉県川口市の中心部を流れる旧芝川を舞台に制作を行っています。 
旧芝川は、かつては水上交通の要でしたが近代では治水の為に閉鎖河川となり、生活・工業廃水による水質悪化が顕著な川でした。               
近年では、市民活動や行政の取り組みにより水質は改善してきたと言われていますが、現在でも綺麗とは言い難い状況です。                  
今回の作品では、河川と周辺環境を一つの「域」として捉え、撮影する為に以下の2つのアプローチを行っています。 
                     
1)河川の水面に反射し映し出される都市/周辺環境の像を撮影する。                              
2)旧芝川の水で水鏡をつくり、そこに映し出した肖像を撮影する。   
    
この2つのアプローチは直接的に河川を写すものではありませんが「河川/水面」自体もメディウムとして扱うことで、都市河川の「域」を写真によってイメージ化することを試みています。(津田隆志)

プロフィール

津田 隆志(ツダ タカシ)

1983年 愛知県生まれ 
フィールドワークをベースに写真や映像を使った作品制作を行っています。 

【近年の主な活動】                               
Solo Exhibitions                             
2017. mirror/river #001|堀川/愛知 -エプサイト新宿                   
2015. ”Parrhesia #001 ” あたらしい山 TAP Gallery.東京 
               
Group Exhibitions                            
2018. 見知らぬ故郷/馴染みの異郷 川口市立アートギャラリーアトリア            
2017. TOPコレクション「コミュニケーションと孤独」平成をスクロールする 東京都写真美術館                             
2015. 現代美術in豊川 大小島真木・津田隆志   桜ヶ丘ミュージアム・愛知         
2013-14 路上から世界を変えていく【日本の新進作家Vol.12】   東京都写真美術館