Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

表情豊かな海風景

そろそろ夏本番。夏といえば、海です。
砂浜や海に浮かぶ船など、海を表情豊かに見せる撮り方はさまざま。コツをつかんで、近くの海へ出かけてみてはいかがでしょう。

砂浜や空に広がる雲、朝日に照らされ波の輝きを見せている海を写した一枚。早朝6時頃の撮影です。
どこまでも続く海のイメージを表現するためにカメラは斜め45度に振っています。
砂浜に足跡をつける事でただの風景写真ではなく、物語を感じる写真に仕上がりました。

撮影時のポイント

  • 海と空のライン合わせのため、ファインダー内格子線を表示
  • 砂浜に足跡をつけて撮影し、物語の一コマを演出
  • 奥行きや立体感を意識するため、海の輝きや足跡の影の出る半逆光になる場所でカメラを構えた

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
焦点距離:28mm
絞り値:f/6.3
シャッタースピード:1/250秒
ホワイトバランス:オート2, 0, 0
露出モード:マニュアル
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:0段
フォーカスモード:AF-C
ISO感度設定:ISO 200

おすすめ機材

標準レンズ

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

FXフォーマット時、画角84°の広角域から望遠域までの画角範囲をカバーする5倍標準ズームレンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

+1の露出補正をすることで透明感ある海を表現しています。
砂浜や空に浮かぶ雲、波の白と海のブルーグリーンがストライプのように広がる一枚に仕上がりました。

露出補正についての情報はこちら

シャッタースピードを1/500にし波の動きを止めました。
朝の逆光をいかし、少しアンダーに撮ることで船や海の表情をドラマチックに見せています。

シャッタースピードについての情報はこちら

撮影・解説:西村 優子

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

アジサイのある風景

このレシピを見る

夏の花火をきれいに残す

このレシピを見る

早朝の湿原

このレシピを見る

梅雨の晴れ間

このレシピを見る