Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

夏の雨風景

故郷の木々に静かに降り続ける雨には何か風情が感じられ、ホッと落ち着く気がします。
夏のギラギラした光こそ印象が強いかもしれませんが、雨の音を聞きながらの撮影も良いものです。雨対策をしっかりして出かけましょう。

焦点距離50mm近辺を選び視覚に近い遠近感で、自然かつやさしい雰囲気を狙いました。背景となるやや暗めの緑の中に配置した一輪の花がポイントとなっています。
傘を差して、カメラは手持ちしやや低めの位置から撮影。画角は、家と花の位置を考慮しながら、バランスの良さそうなところで決めました。

撮影時のポイント

  • 雨滴が少し線になるようシャッタースピードを1/320秒に設定
  • 右側に黄色い花を配し、茅葺き屋根の家とのバランスを重視
  • 絞りを少し開け気味(f/4.5)にしボケ効果を演出

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
焦点距離:52mm
絞り値:f/4.5
シャッタースピード:1/320秒
ホワイトバランス:色温度(4760K)
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-0.3段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400

おすすめ機材

標準レンズ

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

高い信頼性を誇る大口径標準ズームレンズ。高い解像力と優れた収差補正バランスを実現した、極めて高い描写性能を発揮するズームレンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

激しい雨が軒を落ちていきます。背景の明るいグリーンの中に、やや逆光気味の雨滴が光るなか、露出をややアンダー気味(-0.7)にして高速シャッターを切り、雨の動きを止めて撮影しました。

露出補正についての情報はこちら

雨が上がり、少し明るい空になってきた頃です。穂を出し始めた稲に雨の名残が光ってキラキラときれいでした。露出をオーバー気味(+0.7)にして雨上がりの爽やかさを狙っています。

露出補正についての情報はこちら

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

表情豊かな海

このレシピを見る

夏の花火をきれいに残す

このレシピを見る

早朝の湿原

このレシピを見る

梅雨の晴れ間

このレシピを見る