デジタル一眼レフカメラの基礎知識

画質モードと画像サイズ

画質モードとは画像を保存するときのファイル形式と画像の圧縮率を決めるものです。
画像サイズは記録する画像の大きさを決めるものです。

画質モード

画質モードで選べるファイル形式は RAW、JPEG、TIFF(機種によって選択可能)があります。

画質
(拡張子)
パソコンで表示
ダイレクトプリント、
お店でプリント
圧縮
ファイルサイズ
RAW
(.NEF)
RAW現像ができる
ソフトウェアで表示できる
×
圧縮(上位機種は非圧縮がある)
JPEG
(.JPG)
FINE
一般的なソフトで表示できる
約1/4圧縮
JPEGの中では大
NORMAL
約1/8圧縮
JPEGの中では中
BASIC
約1/16圧縮
JPEGの中では小
TIFF
(.TIF)
一般的な画像編集ソフトで
表示できる
×
非圧縮
非常に大

画像を編集するとき

画質
編集
後からの画像編集に向いているか?
RAW
ViewNX 2 および Capture NX 2 で編集表示できる
向いている
JPEG
一般的なソフトで編集表示できる
向いていない
TIFF
一般的な画像編集ソフトで編集表示できる
向いている

画像を後から編集する場合は RAW を、編集しないでパソコンに表示したり、プリントする場合は JPEG を選ぶと良いでしょう。

RAW

RAW は撮像素子取り出されたままのデータを保存します。
RAW 画像(撮像素子から取り出されたままのデータ)とカメラの各種設定値を別々に記録するため、撮影した後から、画像の明るさ(露出)や、色味(ホワイトバランス)、などを変更することができます。
繰り返し画像の編集を行った場合も画質の劣化はありません。

最新版のFlashPlayerをインストールしてください

JPEG

JPEG は画像を圧縮して保存します。
圧縮とは画像にある処理をほどこして画像の情報を少なくし、ファイルサイズを小さくすることです。
圧縮する割合によって、FINE、NORMAL、BASICとあり、FINEは約 1/4、NORMAL は約 1/8、BASIC は約 1/16 に圧縮します。

圧縮率が低くなるほど画質は良くなりますが、ファイルサイズは大きくなります。
圧縮率が高くなるほど、ファイルサイズは小さくなりますが、失われる情報が多くなります。

圧縮率による画質の違いについて

画像の一部を拡大して、FINE、NORMAL、BASICの画質の違いを比較します。

オートに設定
FINE
晴天に設定(赤みが増す)
NORMAL
電球に設定(青みが増す)
BASIC

このように拡大すると圧縮率の高い画像はノイズが目立つようになります。
拡大しなければ、ノイズの差は目立たなくなります。

TIFF(機種によって選択可能)

TIFF は画像を圧縮しないため画像の劣化はありません。
また、汎用性が高いファイル形式のため、多くのソフトウェアで取り扱うことが出来ます。
ただし、ファイルサイズは大きくなります。

その他の画質モードと画像サイズ関連項目