Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

測光

測光(ファインダーを使った撮影)

測光とは、被写体の明るさを測ることです。
カメラは被写体の明るさに応じてシャッタースピード、絞り値(F値)、および ISO 感度をコントロールして適正露出にします。
被写体の明るさは、カメラに内蔵された「測光センサー」が測っています。単純に画面全体の明るさを測るのではなく、画面内を複数の部分に分割しています。
画面内のどの部分の明るさを、どのように測定するかを決めるのが「測光モード」です。
通常は、画面の広い領域を複数に分割して測光し、被写体の明るさや色などの情報から露出を決める「マルチパターン測光」を使います。
マルチパターン測光以外にも画面の中央部を重点的に測光する「中央部重点測光」やフォーカスポイント周辺のみを測光する「スポット測光」といった測光モードがあります。
撮影シーンや撮影意図によって、これらの測光モードを切り換えることで、撮影者の狙いにより近い露出を得ることができます。

測光センサー

測光センサー

カメラの内部にある測光センサー。ここに光を当て、被写体の明るさを測る。

マルチパターン測光

マルチパターン測光

マルチパターン測光
明るい部分と暗い部分のバランスをとった露出になっています。

※測光領域を表す赤い線はイメージです。

中央部重点測光

中央部重点測光

中央部重点測光
画面の中央の明るさが適正露出になっています。

※測光領域を表す赤い線はイメージです。

スポット測光

スポット測光

スポット測光
ピントをあわせた人物の顔が適正露出になっています。

※測光領域を表す赤い線はイメージです。

カメラでの表示例

測光モード

カメラのインフォ画面

カメラのインフォ画面

のように表示されます。