デジタル一眼レフカメラの基礎知識

露出

露出とは撮像素子に光を当てることです。

露出を調整することで、明るい屋外でも暗い写真や、夜の室内のような暗い場所でも明るい写真にすることもできます。

デジタル一眼レフカメラでは、写真の明るさが適正となるよう露出をコントロールする「自動露出(AE)」機能が搭載されています。
このため、カメラの自動露出機能を使えば、明るい被写体でも暗い被写体でも適正な明るさの写真を撮影することができます。
このことを「適正露出」といいます。

カメラの自動露出に任せて撮影

カメラの自動露出に任せて撮影

カメラは被写体の明るさや色を検出して、自動的に適正露出に設定します。

基本的にカメラに露出を任せておけば、さまざまなシーンで適正露出の写真を撮影することができます。
しかし、写真によっては「より明るい方が良い」と感じることや「より暗い方が良い」と感じることがあります。
このため、自動露出で撮影した適正露出の写真がどんな場合でも良い明るさの写真と感じるとは限りません。

同じシーンで露出を変えて撮影

同じシーンで露出を変えて撮影

暗い写真では建物の陰影が強調され、空も色濃く写っています。
カメラの自動露出機能で撮影した適正露出の写真です。
明るい写真では道路やクルマなどがはっきりと確認できます。

同じシーンで露出を変えて撮影しました。
空の青さをきれいに見せたいなら暗い写真が良いでしょうし、クルマなどをはっきりと見せたければ明るい写真のほうが良いでしょう。
このように、見せたいものや強調したい部分によっても、撮影者が望ましいと感じる写真の明るさは変わってきます。