Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

デジタル一眼レフカメラの構造

デジタル一眼レフカメラの構造

デジタルカメラは光を電気信号に変える撮像素子を使って撮影を行います。
一眼レフカメラの特徴は、撮影用のレンズを通した映像を光学ファインダーで見られることです。
一眼レフカメラの「一眼」とは、撮影するレンズ(眼)と光学ファインダー用のレンズ(眼)が一つ(つまり同じ)であるという意味です。
一眼レフカメラの「レフ」とは「光を反射する」という意味の「レフレックス(reflex)」の略です。
デジタル一眼レフカメラには、レンズを通った光を光学ファインダーに導くためのミラーがあり、このミラーが、レンズを通過した光を上方に反射します。つまり、光を反射するミラーがあるために「レフ」と呼ばれているのです。
ミラーで上方に反射した光は、ファインダースクリーンに当たります。
ファインダースクリーンを通過した光は、ペンタプリズムまたはペンタミラー内を通ることで、ファインダー接眼窓へと進んでいきます。このために、撮影用のレンズを通した映像を光学ファインダーでダイレクトに見ることができます。
シャッターボタンを全押しするとミラーが上がり、レンズを通った光はシャッターへとまっすぐに進みます。それと同時にシャッターが開き、撮像素子に光が当たり、画像を撮影します。そして、シャッターが閉じると、またミラーが元の位置まで降りてきます。
こうして、シャッターの動きにミラーが連動することで、レンズを通過した光をファインダースクリーンに映したり、撮像素子に当てたりしています。
最近のデジタル一眼レフカメラには、液晶モニターに映像を映して撮影することができるものもあります。
このような機能をライブビューと呼びます。
ライブビューのときは、ミラーが上がります。
このため、ファインダースクリーンに光が当たらなくなり、ファインダー接眼窓を覗きながら撮影することはできません。

レンズからミラー、ファインダーまでの光路図

※イラストはイメージです

シャッターボタンを全押しにする前は、カメラ内のミラーがレンズとシャッターの間にあり、光を上方に反射します。さらにペンタプリズムまたはペンタミラーによって、光学ファインダーへ光を導きます。
また、シャッターボタンを全押しすると、ミラーが上がりシャッターが開いて、レンズを通った光は、撮像素子に向かって直進します。