Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

製品特長

VR機構を搭載し、NIKKOR初のED非球面レンズを採用。極限の画質を追求した高性能大口径標準ズームレンズ

VR機構を搭載した、開放F値2.8一定で、焦点距離24-70mm(DXフォーマットデジタル一眼レフカメラ装着時はFXフォーマット・35mm判換算で36-105mm相当の撮影画角)の標準ズームレンズです。世界最高クラスの画質を追求した最新の光学設計に、手ブレ補正効果4.0段※(CIPA規格準拠)のVR機構を新たに搭載。ハードな使用環境を想定した高い堅牢性も備えています。広角から中望遠までの焦点域をカバーしており、報道、広告、スポーツ、ファッション、ブライダル、風景など、多彩なシーンで活躍。プロフェッショナルが求める描写力と高度な仕様を兼ね備えた、高性能大口径標準ズームレンズです。

NORMALモード使用時。35mmフィルムサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ使用時。最も望遠側で測定。
D810装着イメージ

光学性能に徹底的にこだわり、さらに向上した高い解像力と美しく自然でやわらかいボケ味を両立

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRは、光学性能のバランスが良く画質を極限まで追求できる光学系を採用。NIKKORレンズ初採用のED非球面レンズをはじめ、EDレンズ、非球面レンズ、高屈折率(HRI)レンズを採用し、色収差や各種収差を効果的に補正する最新の光学設計で、最高の画質を追求。従来製品※を上回る高い解像力で、画像周辺部までコントラストの高いシャープな描写を提供します。大口径で開放F値2.8と明るく、さらに美しくなった自然でやわらかなボケ味が楽しめます。ナノクリスタルコートの効果で、逆光気味の状況でも、ゴースト、フレアの少ないクリアーな画像が得られます。

2007年11月発売のAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDと比較。

ED非球面レンズは色にじみを効果的に低減するED(特殊低分散)ガラスを使用し、片面または両面に、球面ではない曲面を持つレンズです。EDガラスを使用することで色収差を、非球面とすることで球面収差やディスト―ション(歪曲収差)、コマ収差によるコマフレアを除去するなど、各種収差を良好に補正し優れた描写性能を実現。EDガラスと非球面レンズの収差補正効果がED非球面レンズ1枚で得られるため、レンズの小型化にも貢献します。

EDレンズ:可視光線を構成する各波長によって異なる特殊分散性を持ち、色収差を低減することが可能

非球面レンズ:レンズ中心周辺から屈折率を連続的に変化させ焦点を1点に絞り、球面収差を抑えることが可能

24mm広角側での比較

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
A社 ズームレンズ
B社 ズームレンズ

70mm望遠側での比較

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
A社 ズームレンズ
B社 ズームレンズ

高い手ブレ補正効果4.0段(CIPA規格準拠)、進化したVR機構を新たに搭載

従来製品※1にはなかったVR機構を搭載。夕暮れや暗いシーンなどの手持ち撮影で起こりがちな手ブレによる画像やファインダー像のブレを効果的に軽減します。カメラ電源オン直後のVR 性能が向上しており、撮影開始直後からすぐに安定したファインダー像とブレを抑えた画像を提供します。また、レンズ鏡筒内のレイアウトを改良し、スリムな鏡筒デザインを活かしながら、高い光学性能とVR機構の搭載を両立させました。VRモードは[NORMAL]モードと[ACTIVE]モードを搭載。[NORMAL]モードの手ブレ補正効果は4.0段※2(CIPA規格準拠)と大きく、撮影者自身が手ブレせずに撮影できる限界のシャッタースピードから4.0段遅くしても、手ブレの影響を受けずに撮影でき、写真表現の幅が拡がります。また、三脚撮影※3にも対応。VRをONにしたままでも自動的に三脚ブレを軽減したシャープな画像が得られます。

2007年11月発売のAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDと比較。
NORMALモード使用時。35mmフィルムサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ使用時。最も望遠側で測定。
三脚の種類や撮影条件によりVRをOFFにした方がよい場合があります。

より高速・高精度なAFと露出の安定性を確保するAEの実現

SWM(Silent Wave Motor=超音波モーター)とアルゴリズムの改良により、AF速度とAF精度が、従来製品※に比べて向上しています。高速かつ正確なAFが、被写体を瞬時に捉える素早いピント合わせを可能にし、プロフェッショナルの厳しい要求に応えます。また、絞り方式には電磁絞り機構を採用。ボディー側からの電気信号でレンズ本体の絞り制御を行い、高速連続撮影時に安定した露出制御が可能です。

2007年11月発売のAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDと比較。
このレンズは使用するカメラに制限があります。使用制限があるカメラはこちらをご覧ください。

酷使するプロの撮影環境に応える信頼性と操作性に優れたレンズボディー

レンズ鏡筒の可動部を中心に衝撃解析と検証実験を繰り返し、温度変化にも強く、ハードな使用に耐える高い堅牢性と耐久性、耐衝撃性を実現しました。また、耐久性が極めて高くコーティングが剥がれにくいニコン独自のフッ素コートをレンズ最前面と最後面に採用し、フィールドでの使い勝手も向上しています。好評を頂いた従来製品※の操作性はそのままに、レンズの重量バランスを見直し、確かなホールディング性を追求。不用意に外れないよう工夫されたフードロック解除ボタンでさらに使いやすくなったバヨネットフードHB-74が付属しています。

2007年11月発売のAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDと比較。
フードロック解除ボタンを改良。誤操作が起こりにくい構造に。

防汚性能に優れたフッ素コートを採用

ニコンのフッ素コートは、汚れ(埃、水滴、油、泥)が付着しにくく、付着しても簡単に拭き取りが可能です。しかも、ニコン独自のコーティングテクノロジーで耐久性が高く、はがれにくいため、他の同様のコーティングよりもはるかに多くの拭き取り回数に耐え、その優れた効果が長期にわたって持続。反射防止効果にも優れ、よりクリアーな画像の撮影を可能にします。

フッ素コートの効果イメージ図
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR動画
動画の解像度は閲覧するデバイスや回線速度に応じて調整される場合があります。