Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED

撮影サンプル

静止画

サンプル1

撮影情報
シャッタースピード 2秒
絞り値 f/3.5
焦点距離 8mm
フォーマット ニコンFXフォーマット
説明

フランス、アルザスのリクヴィール村。古い民家が並ぶ路地で、夜空を見上げて捉えた円周魚眼画像。絞り開放でも、円形の画像の周辺部までシャープに解像しています。また、EDレンズ3枚の採用で倍率色収差が効果的に抑えられており、コントラストが強い街灯の縁や、画像の最周辺部にも不自然な色にじみはありません。

  • ● 元データを1280×854pixelにリサイズしています。

サンプル2

撮影情報
シャッタースピード 1/10秒
絞り値 f/4.5
焦点距離 15mm
フォーマット ニコンFXフォーマット
説明

劇場の高い天井を背景に、ユニークな風貌のジャグラーを写した対角線魚眼画像。独特のデフォルメ効果で、画像下部のシートが円弧状に大きく歪み、上層階の客席のカーブも一段と強調されています。さらに、中央に捉えたジャグラーの笑顔とボールがグッとせり出したように描写され、不思議な雰囲気をかきたてています。

  • ● 元データを854×1280pixelにリサイズしています。

サンプル3

撮影情報
シャッタースピード 1/400秒
絞り値 f/4.5
焦点距離 8mm
フォーマット ニコンFXフォーマット
説明

一輪のタンポポと蜜集めにいそしむ蜂をクローズアップした一枚。被写体に近づくことで、魚眼効果がさらに強調されています。レンズ前面から約3cmまで近づいて撮影でき、近距離でも高画質が得られます。防汚効果の高いフッ素コートを採用しているため、被写体に大胆に近づいての撮影も安心です。

  • ● 元データを1280×854pixelにリサイズしています。

サンプル4

撮影情報
シャッタースピード 1秒
絞り値 f/4.5
焦点距離 15mm
フォーマット ニコンFXフォーマット
説明

中世の趣を残すアルザス様式の建築が特徴的な、リクヴィール村の石畳の路地。デフォルメの効いた対角線魚眼画像で、時を遡ったかのような不思議な雰囲気を強調しました。テレ端15mmの開放絞りf/4.5でも、オレンジの壁や鉄の手すり、木製の扉のディテールなど、画像の周辺部までシャープに解像し、質感をリアルに再現しています。

  • ● 元データを1280×854pixelにリサイズしています。

サンプル5

撮影情報
シャッタースピード 25秒
絞り値 f/3.5
焦点距離 8mm
フォーマット ニコンFXフォーマット
説明

満天の星空を開放絞りで捉えた円周魚眼画像。画像周辺部の小さな星もシャープに解像しています。非球面レンズ2枚の採用でサジタルコマフレアの発生が効果的に抑えられており、絞り開放でも、画像の周辺部まで星々の点像を良好に再現しています。

  • ● 元データを1280×854pixelにリサイズしています。

サンプル6

撮影情報
シャッタースピード 1/400秒
絞り値 f/8
焦点距離 15mm
フォーマット ニコンFXフォーマット
説明

アメリカ、デスバレーの夕暮れ。夕日に向かって延々と続く荒涼とした風景を、縦位置で強調した対角線魚眼画像です。山際にとどまる太陽を撮影画面内に捉えていながら、ナノクリスタルコートの効果でゴースト、フレアは効果的に抑えられており、静寂な情景をクリアーに描写しています。

  • ● 元データを854×1280pixelにリサイズしています。

動画

Sample Movie(タイムラプス映像Nature篇)

Sample Movie(タイムラプス映像Nature篇)

Sample Movie(タイムラプス映像city篇)

Sample Movie(タイムラプス映像city篇)