Nikon Imaging
Japan

フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」が「デジタルカメラグランプリ2019」総合金賞を受賞

  • 2018年10月31日
    その他
  • フルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ「ニコン Z 7」が、「デジタルカメラグランプリ2019」において、最高位となる総合金賞を受賞しました。

    「デジタルカメラグランプリ」とは、メーカーからエントリーされたデジタルカメラやフォトアクセサリーを対象に、写真を“撮る”だけにとどめず“愉しむ”ための優れた製品を選出するデジタルイメージング機器の総合アワードです。

    「Z 7」が今回受賞した「総合金賞」は、各部門賞を受賞した製品の中から最も優秀であると評価された製品を、写真家・評論家・販売店からなる審査委員による厳正な審査によって選ぶ賞です。

    「デジタルカメラグランプリ特設サイト」 URL:http://dc.phileweb.com

    すべての受賞製品はフリーマガジン・デジタルカメラグランプリ「受賞製品お買い物ガイド」に掲載され、販売店などで配布されます。

    「Z 7」の主な特長

    ISO 32相当までの減感、ISO 102400相当までの増感が可能。
    CIPA規格準拠(「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」装着時、ズームは望遠端)。
    レンズ交換式カメラにおいて。

    「Z 7」の選考理由

    デジタルカメラグランプリ実行委員会のコメント

    ニコンが満を持して送り出すミラーレスカメラのための新システム「ニコン Z マウントシステム」。その核となる「Zマウント」は、レンズ設計の自由度を格段に高めた、新世代の高画質を実現する意欲的な新マウントだ。「Z 7」はその「Zマウント」採用の初号機ながらも完成度が高く、伝統を革新させるというニコンの強い意志を感じさせるモデルといえるだろう。

    以上

    こちらに掲載されている情報は公開日現在の情報となり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。