Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.
日向 瞬 × D5300

モノクロームでかっこいい写真を撮る

ここ最近、スナップ撮影にハマっているという瞬。今日は湾岸沿いの風景を撮りたいとお台場へ撮影にやってきました。そして今回の目的はもうひとつ、以前見かけたモノクロームのスナップ写真のかっこよさに惹かれたようで、「今日はモノクローム写真にチャレンジするぞ!」と、気合も十分…と思いきや、初めてのモノクローム撮影に少し戸惑いもある様子。「モノクローム写真とひと口に言ってもなんだか奥が深そうだし、何をどう撮ればかっこよくなるんだろう…」。さて、瞬はどんな写真を撮ることができたのでしょうか?

撮影監修:斎藤 勝則

Step1 気軽にチャレンジ、モノクローム撮影!

デジタルカメラのよいところは、設定ひとつで簡単にモノクローム写真を撮ることができるということ。気になる被写体があれば、カラーとモノクロームの両方で写真を撮っておくこともできますし、カラーで撮った作品を後からモノクロームに加工することもできます。ですから、「撮ってみたい」と思ったら、気軽にどんどんチャレンジしてみましょう。
では、早速カメラの設定をモノクロームにしてみましょう。ファインダーの右側にあるi(アイ)ボタンを押します。インフォ画面から[ピクチャーコントロール]を選びOKボタン、次に[MC](モノクローム)を選びOKボタンを押せば準備はOKです。まずは気になったものを、好きなように撮ってみましょう。「モノクロームで撮るとこんな風に写るんだ!」という発見を楽しんでみてください。

サムネイル画像を拡大する

カラーではぼんやりとしていた薄曇りの空が…

サムネイル画像を拡大する

モノクロームで撮ると、雲が立体的になった!

サムネイル画像を拡大する

公園にあった、何の変哲もない送水口が…

サムネイル画像を拡大する

ギラリとしたチェーンや朽ちたコンクリートがかっこよくなった!

今回の相棒はD5300ダブルズームキット。レンズは18-55mmと55-300mm、広角から望遠まで様々なシーンを切り取ります

機材はNikon x MILLET アクティブメッセンジャーバッグに入れて軽快に街スナップ!よし、撮るぞー!

Step2 モノクローム写真を撮るときのコツ

モノクローム写真はカラー写真と違い、「色」を出すことができません。白から黒の濃淡、いわゆる「階調」で像を写し出します。階調を作り出しているのは光です。つまり、光の当たり具合や強弱によって、被写体に立体感や質感、表情が生まれます。
撮るときに意識したいのは光の方向です。いろいろな方向から光が当たっているよりも、一方向から光が当たっている場所を見つけるとよいでしょう。明暗のメリハリが出ますし、美しい階調を生み出すこともできます。また、選ぶ被写体については、陰影が出やすい凹凸のあるものを選ぶとよいでしょう。カラー写真を撮るときは、どうしても被写体の色に目がいってしまいがちですが、モノクローム写真を撮るときは物のラインや形、陰影などに注目して被写体を探すのがポイントです。

サムネイル画像を拡大する

少し日が傾くと斜めの日差しが一方向から差し、光の方向が読みやすくなる。木の影が伸び逆光になったところをパチリ

サムネイル画像を拡大する

噴水を流れ落ちる水のカーテンを高速シャッターで撮影。水にも凹凸があり、美しい質感を生み出している

かっこよく撮れる!おすすめ構図

サムネイル画像を拡大する

ローアングルで石畳の凹凸を強調、斜め構図で動感や迫力がアップ

サムネイル画像を拡大する

シンメトリー構図は静寂を生み、不思議な空気感を演出

サムネイル画像を拡大する

ビルの窓は望遠で大胆に切り抜いて。デジタルな雰囲気に

Step3 調色を設定してかっこいい写真を撮ろう

[モノクローム]の中にある[調色]という機能を使えば、画像全体の色味を変えることができます。「B&W」(白黒)を含め、[Sepia]、[Red]、[Blue]など全10色から選ぶことができます。被写体に合わせて好みの色を選んでみましょう。レトロな雰囲気になったり幻想的になったり、クールになったり力強くなったり……写真の印象をガラリと変えることができる[調色]を使って、モノクローム写真をどんどん楽しんでくださいね。

色調の設定方法

MENUボタンから[ピクチャーコントロール]を選んでマルチセレクターの→を押し、モノクロームを選んで→を押します

調色を選び、マルチセレクターで好きな色味を選択します。さらに、それぞれの色味で濃淡を選択することができます

最後は海を臨む風景を撮影。モノクロームでかっこいい写真が撮れました!

ワンポイントアドバイス

セレクトカラーでおしゃれな1枚に

特殊な効果をつけた写真が撮れるスペシャルエフェクトモード。D5300にも「ミニチュア効果」や「シルエット」などいくつかのモードを搭載していますが、「セレクトカラー」を使うとモノクローム写真にひと味加えたおしゃれな作品を撮ることができます。
撮影モードダイヤルを「EFFECTS」に合わせた後、コマンドダイヤルを回して「セレクトカラー」に設定します。撮影する際に、液晶モニターに表示された被写体の画の中から残したい色をセレクトすると、選んだ色調のみを残して、それ以外の色をモノトーン(モノクローム)で表現します。

サムネイル画像を拡大する

赤系の色味をセレクトして撮影

サムネイル画像を拡大する

街角のスナップをおしゃれにアレンジしてくれます