銀座ニコンサロン


エマニュエル・リヴァ展
[HIROSHIMA 1958]

12/10 (水)~12/29 (月)
10:00~19:00(最終日は16:00まで)
会期中無休



<写真展内容>
戦後映画を代表する監督のひとりアラン・レネの長編作品『ヒロシマ・モナムール』(公開時の邦題は『24時間の情事』)が撮影されて、今年で50周年を迎える。戦後の広島を舞台に、戦争の記憶と異文化の出会いを描いたこの傑作は、マルグリット・デュラスの原作とともに世界中の人々に親しまれてきた。自らも第二次大戦に苦悩したデュラスの平和へのメッセージは、今日さらに重要さを増しているとも言える。
岡田英次とともに映画に出演したフランス人女優、エマニュエル・リヴァが、当時訪れた広島で撮影した写真が、昨年発見された。1958年当時の広島の子供たちを中心に、ロケの様子や当時の町が克明に記録されている貴重な写真である。6×6サイズのモノクローム写真で、撮影時期は1958年の9月初めと思われる。技術的にも、また対象の選択においてもとてもアマチュアとは思えない、卓越した視線が伺える興味深い写真でもある。エマニュエル・リヴァは、これらの写真をカメラとともに大切に保管していたが、50年という節目に際して、ぜひ日本で見ていただきたいと考え、展覧会の実現となった。
なお、展覧会にあわせ、写真集『HIROSHIMA 1958』がインスクリプト社から発売される。また、エマニュエル・リヴァ自身も、来日の予定である。



<作者のプロフィール>
エマニュエル・リヴァ
1927年生まれ。フランスを代表する舞台俳優・映画女優のひとり。映画出演作は70本以上を数える。59年アラン・レネ監督の「ヒロシマ・モナムール」(邦題 「24時間の情事」)に日本の俳優岡田英次とともに主演し、いちやく脚光を浴びた。不朽の名作として映画史に残るこの作品の広島ロケの際に、手持ちのカメラで、復興途上にある50年前の生活の様子や子供たちを含む市民を撮影した。昨年発見されて話題になったこの写真が、フランスに先がけて、日本で公開される。