Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

日本舞台写真家協会 第16回協会展創立30周年記念 「百華響演」

会期

2018年4月17日(火) 〜 2018年4月23日(月) 日曜休館

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

2018年4月17日(火) 〜 2018年4月23日(月) 日曜休館

10:30~18:30(最終日は15:00まで)

開催内容

写真の世界はいくつものジャンルに分類されますが、その中でもダンスや演劇、音楽といった舞台芸術を専門としているのが舞台写真家です。撮影以外にそれぞれの専門ジャンルについての知識も備え、舞台という特別な空間で起こる特殊状況にも対応できる技術を備えています。
そんな舞台写真家たちによって結成された日本舞台写真家協会が今年で創立30周年を迎えます。2年に1度会員が切磋琢磨する場として協会展を開催してきましたが、節目となる今回は女性を被写体とした作品を集めました。
舞台の上の女性はしばしば「華」に例えられます。その仕草や表情が作品の彩りを高めるだけでなく、時には妖しくそして時には寂しげに舞台に佇み作品を深めていきます。そんないろいろな「華」を集め響かせあうというイメージで「百華響宴」というタイトルとしました。舞台空間に咲き誇る、多彩多様な「華」たちの姿を、写真家の視線とともにお楽しみください。

プロフィール

日本舞台写真家協会(Japan Stage Photographers Society)

舞台写真を中心に活動する写真家たちが、舞台写真の地位の確立と技術の向上、 そして会員相互の交流などを目的として1988年に設立。全員が様々な舞台のスペシャリストであり、第一線で活躍している。
会長 瀬戸秀美。2018年現在会員60名、名誉会員2名、テクニカルアドバイザー1名。