Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

NX Studio New

シンプルで使いやすいユーザーインターフェース

ワークフローが一つのソフトで完結

静止画・動画活用ソフトウェア ViewNX-iとRAW画像現像ソフトウェア Capture NX-Dを統合。静止画(RAW/TIFF/JPEG)・動画ファイルの閲覧、RAW(NEF/NRW)画像の現像、さらに静止画・動画の編集、シェアを包括的にカバーし、一連のワークフローを一つのソフトで実現できます。ニコンのカメラやレンズの性能を最大限に引き出し、自分のイメージしたとおりの仕上げが可能。また、今後のカメラの発売に合わせてアップデートを行い、常に最新の画像閲覧・現像・編集をサポートします。

静止画・動画を快適に扱えるクイックレスポンス

静止画・動画の表示や編集操作の反映など、全体的にクイックレスポンスを実現。静止画・動画を問わず様々な操作に素早く反応し、スムーズな処理で快適に作業できます。

ワークフローに沿って最適化したメニュー構造とデザイン

多彩な機能を「ブラウザー(取り込み)」、「ビュー(選択/閲覧)」、「調整/情報(編集/書き出し)」のペインに分割・整理し、画像処理ワークフローに沿って左から右への自然な流れでレイアウト。基本的なデザインはViewNX-iとCapture NX-Dのデザインテイストを踏襲して、従来のユーザーも違和感なく操作できるよう配慮しています。全体にシンプルな構造で、初めてでもわかりやすく、直感的な操作が可能です。

「サムネイル一覧表示」や「サムネイル詳細表示」など、画像表示方法を切り換える操作部をアイコン表示で一か所に集約。プルダウンメニューを開くまでもなく、アイコンをクリックするだけで変更できるため、直感的でわかりやすい画像閲覧が可能です。

  1. サムネイル一覧表示:選んだフォルダー内の画像を一覧で表示します。
  2. サムネイル詳細表示:選んだフォルダー内の画像を一覧で表示します。画像のファイル名やラベルなどの条件で並び順をソートできます。
  3. 地図表示:撮影時に画像に記録された位置情報をもとに、インターネット上の地図サービスを使用して、地図上に撮影地点をアイコンで表示できます。位置情報ログを使用して、画像に位置情報を付加することも可能です。
  4. イメージビューアー表示:画像を1枚表示します。
  5. 2画面表示:異なる画像を2枚並べて表示できます。
  6. 4画面表示:異なる画像を4枚並べて表示できます。
  7. 調整結果比較:同じ画像の調整前と調整適用後を並べて比較できます。

撮影情報は、従来のテキストによる表示に加え、ニコンカメラ上面の表示パネルと同様の表示も可能。カメラの表示に慣れた方は、より素早くデータを読み取れます。

テキスト表示の画像編集項目を調整項目ごとにグループ化。誰でも目的の項目を素早く見つけることができ、より簡単に操作できます。また、各画像編集項目のチェックボックスで、画像に適用した調整の表示/非表示を選択できるので、調整前後の画像を容易に比較できます。さらに、パレットに表示される画像編集項目をカスタマイズして、独自のワークスペースを作成することもできます。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員