Nikon Imaging
Japan
ここから本文です。
機能と特長

主な仕様


機能と特長




新開発の高速、高精度「5点測距オートフォーカス」

測距素子は新開発のマルチCAM900オートフォーカスモジュール。中心にクロスタイプAFセンサーを置き、それをとりまく上下左右のAFセンサーが撮影画面を広くカバーします。

















測距ポイントの位置が確認しやすいバリブライト・フォーカスエリア

被写体の明るさに応じて、選択したフォーカスフレーム(エリア)の色が、スーパーインポーズ照明により自動的に変化する、世界初のバリブライト・フォーカスエリアを採用。フレームの所在を一目で識別することができます。







明るい被写体の場合黒く表示される。







暗い被写体の場合赤く表示される。





















世界初、格子線表示が可能なマルチディスプレイ・スクリーン

ポリマーネットワーク型液晶をファインダースクリーンに使用したマルチディスプレイ・スクリーンを搭載。縦方向を3分割、横方向を3分割した格子を基調とした線により、構図をスムーズに決めることができます。





3D-10分割マルチパターン測光

順光の一般的な撮影はもちろん、逆光や明暗差の大きい被写体など特殊な光の状況でも、眼で見た明るさの印象をそのまま再現します。















コマ間データ写し込み機構(F80Sのみ)

撮影された作品を損なうことなくフィルムのコマ間(撮影画面外)に「シャッタースピード」「絞り値」「露出補正値」を写しこむことが可能です。















内蔵スピードライトで可能な3D-マルチBL調光

スピードライトの発光量と背景の明るさをバランスよくコントロールするD-3D-マルチBL調光が可能。反射率の高いものや背景が抜けているシーンなどで威力を発揮します。







TTL調光



3D-マルチBL調光







多彩なカスタムセッティング

F80Dは18種類、F80Sは19種類のカスタムセッティング項目の機能を設定。撮影意図や好みに合わせて、各自が使いやすい状態にすることができます。


ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら