Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

Z 7II New

狙った瞬間を逃さない捕捉力

被写体やシーンに応じて最適なピント合わせが可能なAF性能

493点※のフォーカスポイントが、撮像範囲の水平、垂直約90%という広い範囲をカバー。周辺部の被写体にも高いAF精度を発揮します。また、一眼レフカメラの3D-トラッキングに似た操作感で好評を得ている[ターゲット追尾AF]では、ボタンを押している間のみ被写体にピントを合わせ続けられます。

静止画モード、シングルポイントAF時。FX フォーマット時。
© Cory Richards
画像はイメージです。

セットアップメニューの[フォーカス位置の記憶]で、ピントを合わせたフォーカス位置を電源OFF時にも記憶しておけます。ピントを合わせてから電源OFFにして、シャッターチャンスを待ちたい風景撮影や星景撮影などに便利です。

人物、犬、猫の顔や瞳を検出する瞳AF・顔検出AF※と動物AF※が、さらに使いやすく進化。従来の[オートエリアAF]に加えて、動きのある被写体の撮影で安定したピント合わせができる[ワイドエリアAF]にも対応しています。フォーカスエリアを限定できるため、複数の被写体が混在しているシーンでも、ピントを合わせたい被写体を簡単に選べます。設定は メニューで素早く切り換え可能。静止画はもちろん動画でも使用できます。

瞳AF・顔検出AFは[ワイドエリアAF(L-人物)]または[オートエリアAF(人物)]で使用可能。動物AFは[ワイドエリアAF(L-動物)]または[オートエリアAF(動物)]で使用可能です。
© Kento Mori
画像はイメージです。

暗所で活躍する低輝度性能を改善し、ー3EV※まで高精度なAFが可能です。より暗いシーンでの静止画撮影には「ローライトAF」機能が効果的。ー4EV※の暗さまでAF撮影が行えます。

静止画モード、シングルAFサーボ(AF-S)、シングルポイントAF(中央時)、ISO 100、f/2.0時、常温20℃。

高速連写性能を加速したデュアルEXPEED 6【NEW】

EXPEED 6を2基搭載した画像処理エンジン「デュアルEXPEED 6」を新採用して、決定的な瞬間をより確実に捉えることが可能になりました。高い処理能力により、高速連続撮影と連続撮影コマ数が向上。約10コマ/秒※1で最大77コマ※2までの高速連続撮影が可能。AF/AEもすべての撮影コマで追従します。わずかなニュアンスの違いが決定的な差を生むポートレート撮影やネイチャー撮影、鉄道撮影などを高速連続撮影が快適にサポートします。

高速連続撮影(拡張)時の最大撮影速度。
SONY CEB-G128のメモリーカードを使用した場合。ロスレス圧縮RAW(L)時/12bit時。
© Cory Richards

高いブレ補正効果を発揮する5.0段※1のボディー内センサーシフト方式VR

暗いシーンでも手持ち撮影が可能なボディー内手ブレ補正を搭載。カメラブレを直接検知するジャイロセンサーの情報と画像解析による動きベクトル情報を、従来のVR機構で培ったニコン独自のアルゴリズムを用いて処理し、高精度にブレ量を演算。Yaw、Pitch、近距離撮影で目立ちやすくなる上下、左右のブレに加え、動画撮影時に特に目立つRollの計5軸のブレを補正し、幅広い状況下で高い効果を発揮します。NIKKOR Z レンズだけでなく、VR非搭載のNIKKOR F レンズ使用時※2も手ブレ補正が可能です。また、カメラの電源OFF時にVRユニットを固定するロック機構を搭載しており、VR機構の耐久性を高めています。

CIPA規格準拠(NIKKOR Z 24-70mm f/4 S装着時、ズームは望遠端)。
マウントアダプター FTZ(別売)が必要。VR非搭載のNIKKOR F レンズ使用時には、NIKKOR Z レンズ使用時よりも補正効果が弱まります。
・ 画像はイメージです。

撮りたかった瞬間が撮れる、約120コマ/秒の高速フレームキャプチャ

高速フレームキャプチャなら、一連の動作から目にもとまらないあらゆる瞬間を捉えることが可能。動画ライブビューで200万画素の静止画を最速約120コマ/秒※1、または800万画素の静止画を最速約30コマ/秒※2を、AF/AE追従で撮影できます。狙っても撮れない一瞬さえも、逃さず写し止めることができます。

フルHD画質が選択された場合。
4K UHD画質が選択された場合。
・ 画像はイメージです。

連写時にもさらに見やすくなった電子ビューファインダー像【NEW】

光学ビューファインダーに迫る鮮明な視界を確保した電子ビューファインダーは、連続撮影時の視認性も一段と向上。動く被写体をより追いかけやすくなり、高い連写性能を強力にサポートします。

より確実なMF操作のための充実したピント確認機能

マニュアルフォーカス時には4つの機能がピント確認をサポートします。撮影前に拡大ボタンを押すと、拡大画像で詳細なピント確認が可能。電子ビューファインダー内では、被写体にピントが合うとピント表示(〇)と選択したフォーカスポイントが緑色に変わって知らせます(フォーカスエイド)。電子ビューファインダーおよび画像モニター下部のフォーカス距離指標※は、無限遠から至近の間でピントが合っている場所を表示。さらに、画面内で最もコントラストが高い(ピントが合っている)部分の輪郭を、カメラが自動検出して色を付けて示す「ピーキング表示」も可能です。

NIKKOR Z レンズ使用時に利用可能。
ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員