Nikon Imaging
Japan

Z 50 New

操作性・信頼性

スマートに持ち歩ける小型・軽量ボディー

寸法は、約126.5(幅)×93.5(高さ)×60(奥行き)mm。そして、堅牢な金属を採用しながら質量はわずか約450 g※。機動性に優れるニコンDXフォーマットのメリットを活かした小型・軽量ボディーで、いつでも、どこにでも、気軽に持って行けます。

バッテリーおよびSDカードを含む、ボディーキャップを除く。

ニコン Z マウントシステムだからこその高度な光学性能を備えると同時に、 Z 7 / Z 6と共通のシルエットを持つ洗練されたデザインでZシリーズの世界観を踏襲。 Zシリーズの操作性、信頼性、システムとしての将来性も確実に継承しています。

ニコンデジタル一眼レフカメラに倣ったZ 7 / Z 6と同様、使用頻度の高いISOボタン、露出補正ボタン、動画撮影ボタンはシャッターボタンの周囲に配置。高い操作性を発揮するだけでなく、ニコンデジタル一眼レフカメラに慣れ親しんだ方にも、違和感なく直感的に操作していただけます。

撮影時の操作に必要なボタンやダイヤルは、シャッターボタンの周囲、およびボディー上面と背面の右側に集中してレイアウト。新たに採用したタッチキーも画像モニター右端に配置しており、撮影時の操作は、ほぼ右手だけで完結します。

薄型のコンパクトボディーながら、グリップはしっかり握れる十分な深さを確保した握りやすい形状。グリップ上部のデザインも、カメラホールド時にレリーズボタンまで自然に指を伸ばせるよう配慮しており、ファインダー撮影時も、画像モニターを見ながらの撮影時も、カメラをしっかりとホールドできます。

タッチパネル採用。自分撮りもできるチルト式3.2型104万ドット画像モニター

画像モニターには、多彩な操作が可能なタッチパネルを採用。3.2型、104万ドットの大型・高精細モニターで、メニュー設定や撮影、ピンチやスワイプによる拡大画像でのピント確認などのタッチ操作が可能です。また、上下の広い範囲で自由な角度にチルト可能。上向きに展開してもファインダー接眼部に遮られてモニターが見えにくくなることがなく、ローアングル時の上向き展開も三脚に取り付けたままでスムーズに行え、静止画、動画撮影のアングルの自由度を高めます。さらに、下方に180°展開すると「自分撮り」も容易に行えます。

画像モニター右端には、新たに「拡大」「縮小 / サムネイル / ヘルプ」「DISP」のタッチキーを搭載。スマートフォンのタッチキーと同じ感覚で使える少ないボタンで、シンプルで直感的な操作が可能です。

専用画面・タッチ操作で簡単な「自分撮りモード」

上下の広い範囲で自由な角度にチルトできる画像モニターを下方に180°展開すると、自分撮り専用画面が表示され、画像モニターにタッチしてセルフタイマー(10秒/2秒)と露出補正の設定が行えます。静止画撮影時にはタッチAF/タッチシャッターも有効。動画撮影時にもタッチAFが有効なので、自由な位置にピントを合わせることができ便利です。
「自分撮りモード」時にはシャッターボタン、動画撮影ボタン以外のボタンやマルチセレクターがロックされるため、不用意にボタンなどに触れても誤作動のおそれがなく、カメラをしっかり握って撮影できます。

自然な見えを実現した236万ドットの電子ビューファインダー

XGA(約236万ドット)の有機ELパネルを採用した電子ビューファインダーは、視野率約100%、倍率約1.02倍(50mmレンズ使用時、∞、-1.0m-1のとき)※。ニコン独自の光学技術を活かしたファインダー光学系などにより、収差が少なくクリアーな、光学ビューファインダーに迫る自然な見えを実現しています。

35mm判換算で約0.68倍。

ファインダー光学系には独自のテクノロジーによる贅沢な光学系を搭載し、歪みが少なく隅々までクリアーで明るい視界を実現しています。また、EXPEED 6をはじめとするニコンの先進的な画像処理技術により、表示パネルに最適化した見やすい映像を表示。マニュアルフォーカス時にピントの山が見つけやすく、長時間の撮影でも目が疲れにくい、光学ビューファインダーに迫る自然な見えを実現しています。

ホワイトバランスやピクチャーコントロールの設定は、ファインダーの映像に反映させて撮影中に確認可能。設定の反映を解除して、光学ビューファインダーのような自然な色味、明るさ、コントラストで表示させることもできます。

ファインダー内には メニューの表示が可能です。ファインダーから目を離すことなく設定を変更できます。

使用頻度の高い機能に入れ替え可能な メニューのカスタマイズ

撮影時にiボタンを押すとファインダー内または画像モニターに表示される メニュー。目的の機能の設定を素早く変更できるこの メニューの項目を、使用頻度の高い項目に変更できます。カスタマイズは、静止画モード、動画モードそれぞれで可能。撮影スタイルに合わせてカスタマイズした メニューで、効率よく撮影できます。

静止画モード

・撮像範囲設定 ・画質モード ・画像サイズ ・露出補正 ・ISO感度設定 ・ホワイトバランス ・ピクチャーコントロール ・色空間 ・アクティブD-ライティング ・長秒時ノイズ低減 ・高感度ノイズ低減 ・測光モード ・フラッシュモード ・フラッシュ調光補正 ・フォーカスモード ・AFエリアモード ・光学手ブレ補正 ・オートブラケティング ・多重露出 ・HDR(ハイダイナミックレンジ) ・サイレント撮影 ・レリーズモード ・カスタムボタンの機能(撮影) ・露出ディレーモード ・シャッター方式 ・Lvに撮影設定を反映 ・ピーキング表示 ・モニター/ファインダーの明るさ ・Bluetooth通信機能 ・Wi-Fi通信機能 ・リモコン接続

動画モード

画像サイズ/フレームレート/画質 ・露出補正 ・ISO感度設定 ・ホワイトバランス ・ピクチャーコントロール ・アクティブD-ライティング ・測光モード ・フォーカスモード ・AFエリアモード ・光学手ブレ補正 ・電子手ブレ補正 ・マイク感度 ・アッテネーター ・録音帯域 ・風切り音低減 ・レリーズモード(フレーム保存) ・ピーキング表示 ・ハイライト表示 ・モニター/ファインダーの明るさ ・Bluetooth通信機能 ・Wi-Fi通信機能 ・リモコン接続

ファインダーと画像モニターの使い分けに便利な「モニターモード」

「モニターモード」を[自動表示切り換え]に設定すると、アイセンサーにより、ファインダー表示と画像モニター表示が自動的に切り換わります。[ファインダーのみ][モニターのみ]も選択可能。「モニターモード切り換えボタン」を押すたびに切り換わります。

EVFと画像モニターの拡大表示

撮影画像を1コマ表示モードで再生しているときは、電子ビューファインダーでも画像モニターでも、拡大ボタンを押すと拡大表示が可能です。鮮明な拡大表示で、ピントの状態をつぶさに確認できます。

画像はイメージです。

約5コマ/秒・最大11コマ/秒の高速連続撮影

新開発のニコンDXフォーマットCMOSセンサーと、膨大な情報を高速処理する画像処理エンジンEXPEED 6の連携により、AF/AE追従で約5コマ/秒の高速連続撮影が可能。撮影中も、電子ビューファインダー、画像モニターには被写体の動きがほぼリアルタイムに表示されます。さらに、 AF/AE追従で最大約11コマ/秒の高速連続撮影(拡張)※が可能です。

メカニカルシャッター使用、高速連続撮影(拡張時)、JPEGおよび12bit RAW記録時。
連続撮影速度は画質、画像サイズ、メモリーカード、サイレント撮影の有無によって異なります。

星などの美しい光跡写真の素材撮影に活用できる低速シャッタースピードでのコマ数無制限の連続撮影

撮影モードがSまたはMでの連続撮影時、シャッタースピードを1秒以上の長秒に設定すると、メモリーカードの容量やバッテリー残量の許す限り、どの画質モードでも長時間にわたって連続撮影を継続できます。インターバルタイマー撮影と異なり、次のコマの撮影がすぐ行われるため比較明合成で画像を統合した際につなぎ目が目立たない、星の動きなどの滑らかな光跡を表現できます。

レンズのコントロールリングによる制御

NIKKOR Z レンズのコントロールリングに、カメラから[M/A]※[絞り値][ISO感度][露出補正]のいずれかを割り当て可能。コントロールリングを回転させることで、AF 時にはカメラで設定した機能を利用でき、MF 時にはマニュアルでピント合わせを行えます。

AF時にコントロールリングの操作でただちにMFに切り換える機能。

暗いときや逆光の時に便利な内蔵フラッシュ

ガイドナンバー約7(ISO 100・m、20℃)のフラッシュを内蔵しています。必要なときにフラッシュポップアップレバーをスライドするとポップアップでき、夜景などの暗いシーンはもちろん、逆光時や帽子などで人物の顔にできる影を解消する際にも効果的です。

安心して撮影に集中できる高い信頼性

金属を使用した堅牢なボディー、シャッターの耐久性など小型・軽量ボディーでありながら、高い信頼性を確保しています。

メカニカルシャッターユニットは、カメラに実装された状態で10万回におよぶテストをクリアー。長年使用しても、変わらない高精度を発揮します。

本体に装填したままでも充電可能なLi-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL25【NEW】

バッテリーには、Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL25(付属)×1個が使用可能。バッテリーチャージャー MH-32使用の充電に加え、カメラのUSB端子に接続する本体充電ACアダプター EH-73P(別売)を介して、EN-EL25をカメラに入れた状態での充電も可能です※。

カメラが電源ONの場合は充電できません。
Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL25
本体充電ACアダプター EH-73P
ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら