Nikon Imaging
Japan

COOLPIX P950 New

高い操作性・拡張性

目を近づけるだけで自動切り換え「アイセンサー付き電子ビューファインダー」

ファインダー倍率 約0.68倍の0.39型有機ELが、ファインダーの見やすさを大きく進化。約236万ドットの精細さで、被写体をすみずみまでクリアーに表示します。モニター撮影をしていても、目をファインダーに近づけるだけですぐに電子ビューファインダーに切り換わり、ファインダー撮影が行えます。外光の影響で背面の画像モニターが見えにくい場合や、超望遠時に撮影姿勢を安定させたいときに有効。ファインダーから目を離すと、再度モニター撮影に切り換わるので、被写体や状況に応じて最適な撮影スタイルをスピーディーに選択できます。DISPボタンを押すたびに撮影時や再生時の画面に表示する内容を切り換えられます。また、セットアップメニューのモニター設定で、明るさや色合いの調整も可能です※。

モニターボタンを押しても切り換えが可能です。
画像モニターの使用中は調整できません。電子ビューファインダーに切り換えてください。
視野率99%(撮影時)、高解像で視界がクリアーな約236万ドットの高精細0.39型有機ELモニターを採用しています。ファインダー倍率も0.68倍へ向上。視度調節機能も装備しています。

自分だけのアングルを自由に探究「広視野角3.2型バリアングル画像モニター」

画像モニターは、多彩なアングルからラクな姿勢で被写体を狙えるバリアングルタイプ。屋外でも見やすい広視野角大画面モニターと相まって、撮影の自由度がさらに大きく広がります。

広視野角で斜めからでも鮮明に見られる約92万ドットの画像モニター

本格的な撮影をサポートする「サイドダイヤル」【NEW】

撮影時にカメラの設定変更やピント調整がスムーズに行える「サイドダイヤル」を新たに搭載。AF時にはファインダーを覗いたままで割り当てた機能※の調整が、MF時にはピントの操作が可能です。

AF時に割り当てられる機能
露出補正、ISO感度、ホワイトバランス、シャッタースピード、絞り値、設定しない

撮影モードによっては、使えません。

片手ですばやく操作可能「撮影モードダイヤル・コマンドダイヤル」

被写体や撮影意図に応じてスピーディーに撮影モードを変更できる撮影モードダイヤルに月、鳥モードを搭載。他にも4つの露出モード[P/S/A/M]やシーンモード、マニュアル動画モード、撮影でよく使う設定を登録できるユーザーセッティングモードなどを片手ですばやく設定できます。さらに、コマンドダイヤルの採用により、シャッタースピードなどの変更もスピーディーに行えます。

優れた操作性と一眼レフカメラを彷彿させる本格デザイン

撮影に集中しやすい操作性に加え、機材としての完成度を追求した本格デザイン。カメラを構えたままズーム操作や設定変更が行える優れた操作系レイアウト、表現を高度に操る楽しさが味わえるメカニカルなフォルムが、手にする喜びを高めます。持ち歩ける焦点距離2000mm相当※の超望遠ズームカメラとして、さまざまな撮影シーンで活躍します。

35mm判換算。

快適さを追求した「マニュアル操作」

マニュアルで細かい設定をしたい方向けの、高精度かつ快適に操作を行うためのサポート機能が充実しています。

マニュアルフォーカスを設定すると、画像の中央部を拡大表示できます。拡大率は2倍または4倍から選択可能。サイドダイヤルをゆっくり回すことで、より細かなピント合わせが行えます。オートフォーカスでピントを合わせてから、マニュアルフォーカスでピントをコントロールすることも可能です。フォーカスモードセレクターをMFにして動画撮影ボタンを押すと、動画撮影中もサイドダイヤルでピントを合わせることができます※。

ピーキング表示はしません。

マニュアルフォーカス時のモニター画面で、ピントの合っている部分をピーキング(白色で強調)表示※。ピーキングレベルを調節すると、ピントが合っているとみなす範囲を変更することもできます。視覚的にピントを確認しながら、より高精度なピント合わせが行えます。

動画撮影中、ピーキング表示はしません。

超望遠でもスピーディーに合焦する「高速レスポンス」

野鳥から天体まで、超望遠ズームでも被写体のベストな瞬間をスピーディーに捉える高速レスポンスを実現。望遠側のAF速度の向上をはじめ、シャッターボタンを押してから実際にシャッターがきれるまでの望遠側タイムラグも短縮化。広角から超望遠まで、どのズーム域でも撮りたいと思ったその瞬間を逃さず撮影できます。

© KEN五島

映像表現を本格的に追求できる「多彩なアクセサリー対応」

アクセサリーシューとアクセサリーターミナルを装備しており、多彩なアクセサリーにフレキシブルに対応します。アクセサリーシューには超望遠撮影に便利な照準器、ドットサイト DF-M1や高性能なニコンスピードライトを装着可能。アクセサリーシューカバーも装着できます。アクセサリーターミナルにワイヤレスリモートコントローラー WR-R10やWR-1を直接接続すると、ワイヤレス撮影が可能※。リモコン ML-L7でカメラを操作することも可能です。

送信機としてワイヤレスリモートコントローラー WR-T10、またはWR-1が必要です。COOLPIX P950に装着したWR-R10またはWR-1は、送信機には使えません。

ファインダーや画像モニターの視野(実際の撮影画角)は望遠側にズームするほど狭くなるため、鳥や航空機などの動く被写体を捉えにくい場合がありますが、ドットサイト DF-M1は肉眼と同じ倍率で、広い視野で確認でき、撮影する際のフレーミングをより快適にします。
防塵・防滴に配慮した設計で悪天候下でも安心。コンパクトに持ち運べる折りたたみタイプです。照準マークはパターンを3種類から選べ、位置調整、明るさ(5段階)とカラー(赤または緑)の選択も可能です。

ドットサイト DF-M1
COOLPIX P950+ドットサイト DF-M1

超低反射ARコートの採用と高い光学性能の実現でレンズ本来の描写力に極限まで迫る、67mm径の高性能保護フィルターです。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら