Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

Capture NX-D

Capture NX-Dの特性

ニコン純正の画づくりを存分に追求できるRAW現像ソフトウェア

RAWで撮影した場合、NIKKORレンズ、ニコンカメラを用いた撮影データは、最後の仕上げとして、Capture NX-DでのRAW現像へとつながります。Capture NX-Dは、NIKKORレンズやニコンカメラから得られる高画質を最大限に活かしながら、ニコン純正の画づくりを存分に追求できる最適なRAW現像ソフトウェアです。

RAW現像のメリット

RAW現像には、JPEGやTIFFでは撮影後に変更できないホワイトバランスや露出、ピクチャーコントロールを使った色表現の設定などを、撮影後でも画質を劣化させることなく変更できるというメリットがあります。そのため、撮影後の画像の高画質を保ったまま、自分のイメージする作品づくりに心ゆくまで取り組むことができます。でき上がった画像を出力する上でも、16ビットTIFFでクオリティー高く、滑らかな階調を保ったままファイル出力できるのもRAW現像のいいところです。

オリジナルを非破壊で保持するサイドカー形式に対応

Capture NX-Dは、NEF、NRWというファイルに直接調整内容を書き込む形式ではなく、調整内容を調整ファイル(サイドカーファイル)として管理する形式を採用。元の画像ファイルには調整内容を含めた書き戻しを行わず、Capture NX-Dで開いたときのままの状態で、非破壊で保持されます。そのため、ファイルサイズの大きいRAW画像に調整内容を書き戻す処理時間が必要なくなり、作業効率が向上します。
また、バッチ処理の設定なしで、サムネイル上で選択した複数のファイルの調整も可能。たとえば、スタジオ撮影などでグレーチャートを撮影した画像をもとにホワイトバランスを調整するというようなこともできます。もちろん、調整内容を保存したものをもとに大量の画像を一度に変換処理するバッチ処理にも対応。バッチ処理中は、処理待ち、処理済みの状況がファイル名で一覧表示されるので、作業進捗を容易に確認できます。

従来のViewNX 2やCapture NX 2はカメラで撮影した直後のファイル状態に戻せないNEFファイル書き戻し方式。それに対し、Capture NX-DはオリジナルRAW非破壊のサイドカーファイル方式の採用により、別名として保存する必要がありません。他のアプリケーションで開くためのTIFFやJPEGへの変換も不要で、RAW現像後のワークフローがスムーズです。なお、調整ファイル(サイドカーファイル)と画像ファイルはファイル名で紐付けされています。このため、画像ファイルの移動などはCapture NX-D内のフォルダーツリー上で行う必要があります。

Capture NX-Dサイドカーファイル保存
Capture NX 2/View NX 2での保存/別名保存

ViewNX-iとの連携をさらに強化

ワークフローの起点となるViewNX-iのユーザーインターフェースとCapture NX-Dを統一することで、アプリケーション間の連携をさらに強化。2つのソフトウェア間で撮影後のデータの閲覧、保存、管理、編集を快適に行えます。 

画像表示方法を選ぶユーザーインターフェースをViewNX-iに合わせて変更。アウトプット系のツールボタンもViewNX-i同様、右寄せに配置しています。

ViewNX-iに切り換えるツールボタンを統一することで、2つのソフトウェアの往来がスムーズ。2つのソフトウェアに同一のショートカットキーを使用して画面を切り換えることもできます。

●ショートカットキー
Windows:[Ctrl]+o(アルファベットの「o」)
Mac:[command]+o(アルファベットの「o」)

ツールボタンの配置を統一(ショートカットからも往来可能)

ViewNX-iで調整したRAW画像をCapture NX-D上にも表示

ViewNX-iもCapture NX-D同様にサイドカーファイル形式(調整ファイル)に対応。これにより、ViewNX-iで調整した画像をCapture NX-Dで読み込むと、調整ファイルも一緒に読み込まれ、調整内容が保持された状態で画像が表示可能です。逆に、Capture NX-Dで調整を行った画像は、ツールバーからViewNX-iにも表示できます。RAW画像を、TIFFに変換することなく、ViewNX-i上でそのまま開くことができるので、作業を効率的に行えます。また、ViewNX-iやCapture NX-Dのフォルダーツリーを使用してRAW画像のコピーや移動をした際は、調整ファイルも連動して移動やコピーされるので、ワークフローがスムーズに行えます。