Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

D5500

多彩な表現力

いろんな効果でアートフォトを撮影。スペシャルエフェクト

写真や動画をあなただけの個性的なアート作品に。スペシャルエフェクトモードに[極彩色][ポップ][フォトイラスト]が加わり、撮影の楽しみがさらに広がりました。ライブビュー撮影では効果をリアルタイムで表示、撮影前に仕上がりが確認できるのでねらいどおりの写真を思いのままに撮影できます。

極彩色、ポップ、フォトイラスト、ナイトビジョン、トイカメラ風、ミニチュア効果、セレクトカラ―、シルエット、ハイキ―、ローキー

極彩色【NEW】

画像全体の色を強調し、コントラストがはっきりした写真にします。

[設定なし]
スペシャルエフェクトモード[極彩色]

フォトイラスト【NEW】

輪郭を強調し、色数を減らすことでイラスト風に表現します。

[設定なし]
スペシャルエフェクトモード[フォトイラスト]

ポップ【NEW】

画像全体の色を鮮やかにし、明るい雰囲気にします。

[設定なし]
スペシャルエフェクトモード[ポップ]

シルエット

背景が明るいシーンで、被写体を意図的にシルエットで表現します。

[設定なし]
スペシャルエフェクトモード[シルエット]

セレクトカラー

選んだ色のみをカラーで残し、それ以外の色をモノトーン(白黒)で表現します。

カメラまかせで簡単ベストショット。シーンモード&おまかせシーン

どのカメラ設定を使用すればよいかわからないときは、カメラにおまかせ。お子さまのポートレートや夜景撮影などどんな状況でも16種類のシーンモードが最適な設定をお手伝い。ライブビュー撮影では、モードダイヤルを[オート]または[発光禁止オート]に設定すれば「おまかせシーン」に。カメラが最も適したモードを自動選択し、素晴らしい一枚が撮影できます。

ポートレート、風景、こどもスナップ、スポーツ、クローズアップ、夜景ポートレート、夜景、パーティー、海・雪、夕焼け、トワイライト、ペット、キャンドルライト、桜、紅葉、料理

パーティー
こどもスナップ
クローズアップ

ライブビュー時には、撮影シーンや被写体に合ったシーンモードを自動で選択します。

ポートレート、風景、クローズアップ、夜景ポートレートを認識しなかった場合、または、オート、発光禁止オートに適したシーンの場合に選択されます。

撮った写真を液晶を見ながら気軽に編集。画像編集メニュー

カメラ内で画像を加工できる豊富な画像編集メニューを搭載。背景の明るさはそのままに人物のみを明るく補正する[D-ライティング/人物優先]をはじめ、輪郭を強調し色数を減らすことでイラスト風の画像が作成できる[フォトイラスト]や絵画のような色彩の[絵画調]など、楽しい編集機能がいっぱいです。

画像編集メニュー:
絵画調、フォトイラスト、RAW現像、トリミング、リサイズ、D-ライティング、簡単レタッチ、赤目補正、傾き補正、ゆがみ補正、アオリ効果、魚眼効果、フィルター効果、モノトーン、画像合成、塗り絵、カラースケッチ、ミニチュア効果、セレクトカラー、動画編集、編集前後の画像表示※

編集前または編集後の画像を1コマ表示してボタンを押して、[画像編集]を選んだときのみ表示されます。

絵画調【NEW】

オリジナル画像
画像編集メニュー[絵画調]

魚眼効果

オリジナル画像
画像編集メニュー[魚眼効果]

1回のシャッターで露出が異なる画像を2コマ撮影。これらを瞬時に自動合成することで、より広いダイナミックレンジ(階調を表現できる明暗の幅)で、白とびや黒つぶれの少ない画像を生成。明暗差が著しい撮影シーンなどで、シャドー部からハイライト部まで、ノイズの少ない、階調豊かな画像が得られます。HDRモードは[オート][より強め][強め][標準][弱め][しない]から選択可能。3EVまでの露出差と、合成した2コマの画像の境界をより滑らかにするスムージングの度合いも自動的に設定されます。風景や静物など動きの少ない被写体に効果的です。

HDRモード [しない]
HDRモード [標準]
HDRでの撮影では三脚のご使用をおすすめします。

逆光時の撮影時などにコントラストを自動で調整し、影やハイライト部分のディテールをより忠実に再現。白とび、黒つぶれを抑えながら見た目に近い明るさに仕上げます。[オート][より強め][強め][標準][弱め][しない]から選択可能。HDRのような画像合成処理プロセスを必要としないので、人物などの動きのある被写体にも有効です。

アクティブD-ライティング[しない]
アクティブD-ライティング[より強め]

広角レンズで風景を撮影すると画像の四隅の光量や彩度が低下することがあります。このヴィネッティングと呼ばれる現象に対応する3種類のヴィネットコントロールを新搭載。[強め][標準][弱め][しない]から選べ、画像の四隅をクリアーな状態に保ちます。

光跡写真などの撮影にうれしいコマ数無制限の連続撮影機能を搭載。レリーズモードH、Lで、シャッタースピードを4秒以上に設定すると、メモリーカードの容量やバッテリー残量の許す限り、長時間にわたって連続撮影を継続できます(連続撮影100コマの制限を解除)。インターバルタイマー撮影と異なり、コマ間の像消失時間が極めて短く、つなぎ目が目立たない美しく滑らかな光跡撮影を可能にします※。

他社製ソフトウェアが必要です。

空の輝度がゆっくりと変わっていく夜明けや夕暮れなど、露出が時間とともに変わっていくシーンでは1コマ1コマでは気にならないようなわずかな露出差も動画として再生したときには露出のチラツキが気になります。D5500は、インターバルタイマー撮影時の露出変化の平滑化を実現。露出のばらつきを低減し、再生時のチラツキを抑えます。設定可能な撮影回数も従来の最大999回から9999回へと大幅に拡大。[即時スタート]または[開始日時設定]など設定した開始方法や撮影間隔で自動的に撮影を行います。

インターバルタイマー撮影設定画面

「タイム撮影」設定モードを使えば、30分を超える長時間露光ができ月の光に照らされた夜景写真などの撮影も思いのままに楽しめます。自動車のライトの流れを表現したいときなどに便利な長時間露出撮影「バルブ撮影」とは異なり、シャッターボタンを押し続ける必要もなく、気軽に幻想的な夜景写真を撮影することができます。(撮影モードMのみ)

逆光時や被写体が影になってもだいじょうぶ。内蔵フラッシュ

夜景などの暗いシーンはもちろん、逆光時や被写体が帽子を被っているときなど顔にできる影を解消する際にも効果を発揮します。カメラが被写体の明るさの状況を判断し、自動的に内蔵フラッシュがポップアップして発光します※。

撮影モードをオート、ポートレート、こどもスナップ、クローズアップ、夜景ポートレート、パーティー、ペット、極彩色、ポップ、フォトイラスト、トイカメラ風に設定した場合。
内蔵フラッシュ[なし]
内蔵フラッシュ[あり]

自由度の高いリモート撮影ができる。ワイヤレスリモートコントローラー

サッカーのゴールポストの裏など決定的シーンが撮れる場所にカメラをセット。電波を使用したリモートコントローラーでワイヤレスにカメラ操作が行えます。最長20m※の距離からシャッターをきることができます。
電波を使用するリモコンのため、送受信間に木などがあってもだいじょうぶ。シャッターボタンの半押しによるAFスタートや長押しによる連続撮影、動画撮影、静音撮影などさまざまな機能が使用できます。

最大到達距離20m。カメラとリモコンの間に人や物があっても快適なリモコン撮影が可能。
地上高約1.2mの場合。通信距離は遮蔽物や天候などにより短くなることがあります。
ご注意:ワイヤレスリモートコントローラーWR-R10は、ステレオマイクロホンME-1と同時には装着できません。無理に取り付けようとすると、カメラやアクセサリーの破損や故障の原因となります。

画像をもっと思いのままに編集。ソフトウェア

JPEG、RAW、動画ファイルのブラウザー機能に特化したニコンのフリーソフトウェア。フォルダーをまたいで必要なファイルを一時的に保管できる「フォトトレイ機能」を搭載。Capture NX-Dで編集したRAWファイルを見ることもできます。動画編集は、初めてでも気軽に使える動画編集ソフトウェア ViewNX-Movie Editorと連携して行います。各Webサービスへのアクセスにも対応しています。

RAW画像の高精細データを余すことなく活用して本格的な画像調整をしたい方のための画像現像ソフトウェアです。露出補正、ホワイトバランス、トーンの調整とともにピクチャーコントロールをフル活用して画調を調整できます。