Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

COOLPIX A900

超望遠を軽やかに

広角24mm相当から高倍率で迫る「光学35倍ズーム」

機動力の高い本格ボディーに光学35倍ズームを搭載。旅行やイベントでも迫力のある広角撮影や望遠撮影が楽しめます。ダイナミックファインズームを使えば、電子ズーム領域でも解像感を保ったまま70倍までのズーミングが可能。一度見失った被写体もクイックバックズームボタンを使えばすぐに捉え直すことができます。レンズ前約1cmまで近づいて撮影できるマクロモードも楽しめます。手ブレ補正効果4.0段※1のレンズシフト方式+電子式手ブレ補正(VR)機能により、手ブレも高精度に抑えます。有効画素数2029万画素※2の高画素を最大限にいかして、大切な思い出をキレイに残せます。

ダイナミックファインズームの倍率は、広角端からの光学ズームと電子ズームを合わせた総合倍率のことです。
CIPA規格準拠。約350mm(35mm判換算の撮影画角)で測定。
画像処理で減少することがあります。
24mm相当(35mm判換算の撮影画角)
840mm相当(35mm判換算の撮影画角)
光学ズーム
約1680mm相当(35mm判換算の撮影画角)
光学ズームを超えても、すみずみまで高精細なダイナミックファインズーム
レンズ前約1cmまで近づいて撮影できるマクロモード

狙った瞬間をしっかり捉える「高速レスポンス」

携行性の高いコンパクトボディーながら、すばやい起動時間と高速AF、そして短い撮影タイムラグを実現。動きの速い被写体の超望遠撮影でも、シャッターボタンを押し込んだほぼその瞬間を撮影できます。また、構図を大きく変えたときや手ブレを感知するたびに、自動的にピントを合わせ直す「プリAF」の採用により、ブレやすい望遠時や暗い場所でもより確実に鮮明な写真を撮影できます。

最大画像サイズで高速連写「連写H・高速連写120fps」

最大画像サイズ(20M[5184×3888])で約7コマ/秒、約7コマまでの高画質連写を実現※1。被写体の動きが速くても、決定的な瞬間をより確実に高画質で残せます。シャッターチャンスを最優先にするなら、約120コマ/秒で約50コマまで撮影できる高速連写120fps※2がおすすめです。

連写H
連写H設定時。画質[NORMAL]。
画像サイズに制限があります。

カメラで撮る喜びをその手に「本格デザイン&快適な操作系」

撮る道具としての機能性とデザイン性を追求した、本格感のあるカメラです。カメラ設定を片手でスムーズに変更できる撮影モードダイヤルやコマンドダイヤルが、表現を操る楽しさと快適な操作性を実現。高倍率ズームを気軽に持ち歩ける、機動性の高い小型ボディーも魅力です。

超望遠ズーム時に見失った被写体をズームバックして捉え直すクイックバックズームボタン
撮影状況や撮影意図に合わせて、より本格的な撮影が楽しめる撮影モードダイヤル
絞り値やシャッタースピードなどを直感的に変更できるコマンドダイヤル
革シボ風の加工を施し、機能性と質感を向上した本格的な外観
旅行など、撮影しながらの移動に便利な両吊りのネックストラップに対応

自分撮りも楽しめる、便利な「3型チルト式液晶モニター」

モニターの角度を変えられる、約92万ドットのチルト式の大画面液晶モニターです。画面が上向きに約180度回転でき自分撮りが可能。広い範囲で動かせるため、固定式や上方向のみ動かせる一般的なチルト式液晶モニターに比べアングルの自由度が高く、構図の確認も容易です。自分撮りから、ハイアングル、ローアングルなど、さまざまな目線で撮影が可能です。

省電力で明るいRGBW方式のチルト式大画面液晶モニターを搭載。約92万ドットの高精細表示で、メニューの文字まで鮮明に表示します。
モニターを見ながらベストなアングルを探せるため、自分撮りにもおすすめ。
本ページに掲載の画像は一部を除きイメージです。