レンズ交換式アドバンストカメラ
ボディ
レンズ
スピードライト
LEDライト
Nikon Direct
この製品はニコンダイレクトでも販売しています。
Nikon 1 V2新しいウィンドウで開きます
Pick Up コンテンツ
イメージ:WORLD PHOTO TRAVELER
カメラを持って出かければ、旅はもっと楽しくなる。
イメージ:1 NIKKORスペシャルコンテンツ
1 NIKKORレンズを新たに一本、あなたの手元に。Nikon 1の表現がさらに大きく広 がっていく。
イメージ:Nikon 1 V2 × MILANO ミラノへの旅
魅惑の街ミラノ。その伝統ある美しい近代都市の表情を記録した至極のフォトギャラリーを公開中!

新機能

世界最短の撮影タイムラグを実現—アドバンストハイブリッドAFシステム

Nikon 1は、動体の撮影に最適な「位相差AF」と、暗部でも被写体を鮮明に捉える「コントラストAF」の異なる2つのAFシステムを採用。広範囲をカバーする73点の「位相差AF」と135点の「コントラストAF」は、シーンに合わせて自動で切り替わり、どんな場面でもピントが合った一枚を撮ることができます。また、シャッターを押してから実際に撮影されるまでに生じる時間を最小限におさえた、世界最短の撮影タイムラグを実現。狙った一瞬を的確に、そしてシャープに捉えることができます。Nikon 1 V2では、AFの追従するエリアがさらに拡大し、安定して被写体にピントを合わせ続けます。

  • ※ 2012年10月24日現在、発売済みのレンズ交換式デジタルカメラにおいて。「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」のワイド端使用でシングルエリアAF時。当社調べ。
イメージ:写真サンプル
イメージ:写真サンプル
位相差AF:動体の追従性に優れる⇔コントラストAF:暗い場所でも高精度

世界最速の高速連続撮影(AF追従で約15コマ/秒)

AF追従した状態で、世界最速の高速連続撮影を実現したNikon 1 V2では、1秒間に最大15コマの撮影が可能です。たとえば高速で奥から手前へ向かってくるバイクなどの動き。そんな捕まえにくかった一瞬でさえ鮮明に写しだすことができます。また、30fpsや60fpsで1コマ目にAFを固定して連写することも可能。ゴルフスイングのような、立ちどまったままでの素早い動きを捉えるのに効果的です。

  • ※ 2012年10月24日現在、発売済みのレンズ交換式デジタルカメラにおいて。当社調べ。
AF追従で高速連写時のフレームレート(他社製品との比較)
  • ● Nikon 1 V2の連続撮影可能コマ数:連続撮影速度が[15fps]の場合は約45枚、[60fps]に設定の場合は、約40枚撮影可能。

AF追従の正確さ

イメージ:写真サンプル
イメージ:写真サンプル

撮りながら画づくりできる新感覚 ライブコントロール 【NEW】

オートモード時にフィーチャーボタンを押せば、背景のボケ、明暗差、明るさ、動きなどの効果をライブビュー画面や電子ビューファインダーで確認しながら撮影可能。指先ひとつの直感的な操作で、見た目を事前に確認しながら撮影できます。

背景をぼかす

イメージ:写真サンプル
背景をくっきり
イメージ:写真サンプル
背景をぼかす

動きを強調する

イメージ:写真サンプル
動きを止める
イメージ:写真サンプル
動きを強調する

明るさを変える

イメージ:写真サンプル
明るくする
イメージ:写真サンプル
暗くする

明暗差を調整する

イメージ:写真サンプル
効果の度合い強め
イメージ:写真サンプル
なし

最高の一瞬を「選べる」スロービュー【NEW】

動きのあるシーンでも液晶モニター上でゆっくりと表示され、決定的な瞬間を逃さずに撮影できます。シャッターボタンを半押しすると、40コマ(約1.3 秒間)の静止画を一時的に記録。シャッターボタンを半押ししている間、一時的に記録した静止画がゆっくりと繰り返して連続表示され、シャッターボタンを全押しするとそのコマが静止画として記録されます。

イメージ:写真サンプル

カメラが自動でベストショットを厳選 スマートフォトセレクター

シャッターボタンを押した瞬間の前後のシーンを撮影。目つぶりやブレなどの失敗写真を除外して、カメラが自動的に最高の一瞬だけを厳選してくれます。カメラがベストショットに選出した1枚だけを保存するか、ベストショット候補に選ばれた5枚を保存するかを設定することもできます。

エモーショナルな映像を実現 モーションスナップショット【NEW】

動画の躍動感を静止画に組み込んだ「モーションスナップショット」。シャッターボタンを押すと、カメラが静止画と4秒のスローモーション動画として記録します。Nikon 1 V2では、撮影する静止画のタイミングは2タイプから選択可能。また保存ファイル形式は、スローモーション動画と静止画を別々のファイルで保存する従来のNMS形式に加え、動画ファイルにすべてをまとめるMOV形式も新たに選択できるようになりました。再生時には、4種類あるオリジナルのテーマから選んだBGMとともに観賞することができます。また、編集作業をすることなくカメラ内でスローモーション部分を連続再生し、ショートムービーとして楽しむことも可能。撮影した作品は、SNSでシェアしたり、付属のソフトウェア Short Movie Creatorを使ってスローモーション部分をつなぎ合わせ1つの動画ファイルを作成したりすることができます。

動画撮影中に高画質で静止画撮影

Nikon 1 V2はフルHD動画(1920 x 1080) 撮影中でも、アスペクト比3:2の静止画を撮ることができます。静止画(4608 x 3072) は動画の1コマの切り出しではないため、高精細です。動画撮影中はAFが追従し続けるので、動きのある被写体でもピントが合った状態で撮影ができます。動画が途切れることなく、高精細な静止画と動画の両方を同時に撮影することができます。

「他社製品との比較(動画)」


「他社製品との比較(動画撮影中に撮影した静止画)」

イメージ:写真サンプル
Nikon 1 V2
イメージ:写真サンプル
A社

人の顔を検知してピントを合わせる顔認識【NEW】

カメラが被写体になる人物の顔を自動的に認識して、ピントを合わせながら追従します。最大5人まで認識可能で、カメラが最も近いと判断した人物の顔を二重枠で表示します。Nikon 1 V2では、画像の中で顔が小さな場合でも検出できるようになりました。顔認識では、AFだけでなく、露出やホワイトバランスも、最も近い顔に合わせて調節します。記念写真やパーティーなどで撮影する時などにとても便利な機能です。