Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

Nikon 1 J5

ぼけ表現&高画質

美しい“ぼけ”を、すべての人に

街の空気がやわらかくなったり、見慣れた景色がやさしくなったり。“ぼかす”ことで、いつもの世界が少し違ってみえてくる。明るい単焦点レンズが描き出す美しいぼけあじが、撮りたい一瞬を浮かび上がらせ、日常を切りとる楽しさを教えてくれます。

見せたい部分を強調したり、やわらかい雰囲気にしたり。ぼけを活かして演出できれば、ひとつ上の表現が可能になります。そのポイントとなるのが使用するレンズの種類。ぼけはさまざまな要素によって生み出されますが、レンズの絞り値(F値)によっても大きく変わります。Nikon 1 J5は、ぼけあじのある写真を誰でも手軽に撮れるように、開放F値1.8の明るい単焦点レンズをセットにしたダブルレンズキットをラインナップに加えました。

1 NIKKOR 18.5mm f/1.8
Nikon 1 J5 02
レンズ:1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 絞り値:f/1.8
見せたい部分を強調するために周囲をぼかすときは、絞り値を小さくして撮影。
Nikon 1 J5 03
レンズ:1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 絞り値:f/16
全体をしっかり見せたいときは、絞り値を大きく設定して撮影。

ぼかすことで写真の雰囲気は変わりますが、ぼかし方によっても印象は違ってきます。手前のほうを大きくぼかすことでのぞき見るような雰囲気をつくる「前ぼけ」。よく知られているぼけ表現で、背景をふんわりさせて主役の存在感を増す「後ぼけ」。丸い光をぼかすことで華やかな印象をつくるのが「玉ぼけ」。それぞれのシチュエーションや気分にあわせてぼけを使い分けることで、自分自身の思いを写真にぐっとのせることができます。

前ぼけ
手前をぼかすことで奥行き感を出すとともに、主役の存在感を高めます。
後ぼけ
背景をぼかすことで、主役をより引き立てます。
玉ぼけ
街灯や木漏れ日などの光を丸くぼかすことで幻想的な画に。

美しい描写力を支えるのは、有効画素数2081万画素の裏面照射型CMOSセンサー

どんなシーンでもきれいな写真が撮れるように。Nikon 1では初めてとなる裏面照射型CMOSセンサーを採用。光を効率的にとり込め、暗い場所でも鮮鋭な画像を撮影できます。さらに有効画素数も2081万画素へと向上し、より高精細な描写を実現しました。また、光学ローパスフィルターを採用しないことで解像感はさらにアップ。高い解像度のおかげで、写真の一部をトリミングして大きく拡大しても、高画質な画像を得られます。ISO 12800までノイズを抑えた撮影を実現。暗いところでも鮮明な画像を撮影することができます。

ニコンCXフォーマット
スーパーハイスピードAF 裏面照射型CMOSセンサー

新画像処理エンジンEXPEED 5A搭載で、高画質&高速撮影を実現【NEW】

高画質な画像をスムーズに撮影できるように。膨大な量のデータを高速処理できる新画像処理エンジン「EXPEED 5A」を搭載。静止画の高速連写はもちろん、4K動画撮影にも対応でき、さまざまな映像表現を可能にしました。

新画像処理エンジン「EXPEED 5A」

暗い場所でも鮮鋭に描写できるノイズリダクション機能【NEW】

ISO感度設定6400(NR)、12800(NR)の高感度撮影の際に、高速で連写した画像を合成してノイズを低減します。そのうえNikon 1 J5では、被写体の動いている部分は合成されないため、ブレが抑えられたシャープな仕上がりに。暗いところで手持ち撮影する際も、ノイズの少ない美しい描写が可能です。

ISO 12800(NRなし)
ISO 12800(NRあり)

高画質な写真をカンタンに撮れるオートモード

撮影シーンや被写体に合わせて「ポートレート」「風景」「夜景ポートレート」「クローズアップ」「夜景」などのシーンをカメラが自動で判断し、最適なセッティングにします。難しい設定をしなくても手軽に撮影が楽しめます。

撮影状況によっては、意図したシーンモードに切り替わらないことがあります。シーンモードに該当しないと認識した場合には、最適な設定で撮影します。
ポートレート
風景
夜景ポートレート
クローズアップ
夜景
オート

顔を検知してピントを合わせる顔認識

カメラが自動で人物の顔を認識し、ピントを合わせて追い続けます。同時に最大5人を認識することができ、カメラから最も近い人物の顔を二重枠で表示します。また、フォーカスだけでなく露出やホワイトバランスも、カメラから最も近い顔に合わせて自動で調整。旅行やパーティーなどの記念写真の撮影にも便利です。

明暗差を調整するアクティブD-ライティング

逆光の時など明暗差が大きなシーンでも、白とびや黒つぶれを防いで見た目に近い明るさで撮影できます。

暗いシーンも安心の内蔵フラッシュ

暗いシーンでの撮影を検知すると、自動的にポップアップ※して被写体を照らすi-TTL調光対応のフラッシュを内蔵。暗い所や逆光時の撮影をサポートします。

撮影モードが、オートモード、クリエイティブモード(HDR、かんたんパノラマ、夜景、風景を除く)の場合。
本ページに掲載の一部画像はイメージです。