Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

Nikon 1 AW1

タフネス性能

世界初、防水・耐衝撃性能を備えたレンズ交換式カメラ 【NEW】

レンズ交換式デジタルカメラでは世界初※1となる防水・耐衝撃性能を実現。そのタフなカメラボディーと合わせて使用できる世界初※2の防水・耐衝撃性能を備えた交換レンズも新たに開発しました。防じん性能や耐寒性能も備えています。高品位でミニマルなボディーに、降雨や水没、落下などのリスクにも負けないトップクラスのタフネス性能。日常のスナップや風景、ポートレートだけでなく、海や山などのアウトドア、ダイビングやスキーなどのスポーツシーンまで、タフな撮影状況にも対応し、撮影のフィールドがさらに広がります。

2013年9月19日現在、発売済みのレンズ交換式デジタルカメラにおいて。ニコン調べ。
2013年9月19日現在、発売済みのレンズ交換式デジタルカメラ用の交換レンズにおいて。ニコン調べ。

ボディーの細部にシーリングゴムを施し、マウントにOリングを装着してレンズとの防水性を保つことにより、水深15mの防水性能を実現しました。ダイビングでの水中撮影はもちろん、海辺やプールサイド、雨の中などでも、カメラが濡れることを気にせずに撮影できます。

JIS/IEC保護等級 8(IPX8)をクリアー(ニコン試験条件による)。水深15m(49ft)以内で60分までの撮影が可能。防水1 NIKKORレンズ装着時。

2mの落下にも耐える耐衝撃性能。登山やロッククライミング、サーフィンなどのスポーツシーンはもちろん、日常のシーンでもカメラを衝撃から守るので、どんなタフな環境であっても安心して使うことができます。

MIL-STD 810F Method 516.5-Shockに準拠したニコン試験条件をクリアー。防水1 NIKKORレンズ装着時。
内蔵フラッシュを上げているときは、耐衝撃性能の保証対象外です。

シーリングゴムやマウントのOリングは、防じんにも絶大な効果を発揮。カメラ内部への砂やほこりの侵入を防ぐので、砂の舞うビーチや土ぼこりのあがるオフロードでの撮影の際も安心です。

JIS/IEC保護等級 6(IP6X)をクリアー(ニコン試験条件による)。防水1 NIKKORレンズ装着時。

-10°Cの環境下でもカメラの動作を保障する耐寒性能を備えています。通常のカメラでは動作が心配になる、寒さの厳しいスキーやスノーボードなどのシーンでも、安心して撮影を楽しめます。

タフネス性能を備えた1 NIKKORレンズ 【NEW】

1 NIKKOR AW 10mm f/2.8は水深20m※1、1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6は水深15m※1の防水性能を実現。Nikon 1 AW1のボディーのマウントに装着したOリングで密封することで防水性を保ちます。また、どちらのレンズも2m※2の落下に耐える耐衝撃性能、砂場などでも安心して使える防じん性能※3を備えています。1 NIKKOR AW 10mm f/2.8は1 NIKKOR 10mm f/2.8と、1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6は1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6と同等の高い光学性能を発揮します。

専用防水カメラに取り付けた状態でJIS/IEC保護等級8(IPX8)相当(ニコン試験条件による)。
 許容耐圧:水深20m以内(1 NIKKOR AW 10mm f/2.8)、水深15m以内(1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6)。
 取り付けるカメラの許容耐圧によって異なります。
専用防水カメラに取り付けた状態でMIL-STD 810F Method 516.5-Shockに準拠したニコン試験条件をクリアー。
専用防水カメラに取り付けた状態でJIS/IEC 保護等級 6(IP6X)をクリアー(ニコン試験条件による)。
防水レンズに別売のAW1専用フィルター(フィルター AW 40.5NC)を取り付けると、水中でのレンズのくもりを軽減することができます。水辺や水中でお使いになるときは、AW1専用フィルターを取り付けることをおすすめします。
1 NIKKOR AW 10mm f/2.8および1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6は、Nikon 1 AW1専用です。
Nikon 1 AW1は、1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6、1 NIKKOR AW 10mm f/2.8以外の1 NIKKORレンズも装着することができ、装着の際には、Oリングプロテクターを使用してOリングを保護します。
レンズは水中で交換することはできません。

Nikon 1 AW1用のレンズとして使用できる、携帯性に優れた薄型の広角単焦点レンズ。防水・耐衝撃性能を備えており、水中での撮影をはじめ幅広いフィールドで活躍します。

Nikon 1 AW1用のレンズとして使用できる、防水・耐衝撃性能を備えたズームレンズ。グローブ着用時などでも操作しやすい、滑りにくく幅の広いズームリングを採用し、水中でもズーミングが可能です。

機能と美しさを追求したデザイン 【NEW】

外観は、Nikon 1の象徴でもあるミニマルデザインを踏襲。カメラボディー前面には、強度があって錆びにくく、かつ上質な質感のステンレスを用いるなど、高い機能性とともに洗練された美しさを追求することで高品位なデザインに仕上げました。アウトドアから日常のシーンまで、どこへでも持ち歩きたくなるデザインです。

アウトドアやスポーツシーンでの撮影の際もしっかりホールドできる形状と質感で、安定性は抜群。重いレンズを装着したり、多少無理な姿勢で撮影したりする場合も、確実に操作できます。細かく刻み込まれたローレットなど、機能性に加えアクセントとなる洗練されたデザインが魅力です。

カメラボディー上面の主要ボタンのサイズを大きめにし、ボタン同士の間隔を広めにレイアウトしました。グローブを着用している時やカメラが見づらい水中撮影の時なども、ボタン操作を確実に行うことができます。

カメラを左右に傾けるだけで設定の切り替えなどが簡単に素早くできる、アクション操作のための [アクションボタン]を新たに設けました。

1 NIKKOR AW 10mm f/2.8と1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6は、Nikon 1 AW1のステンレスボディーの質感に合う高品位な外観で、アウトドアから普段使いまで幅広いシーンで活躍します。

カメラボディーは、エッジ部分を丸く加工することで、衝撃の吸収を助け耐久性を高めています。また、その丸みを帯びたフォルムは、デザインにおいても洗練された魅力的な仕上がりで、パーティーなどのフォーマルなシーンにも合います。

頑丈な設計で、持ち歩きの際に避けることができない振動や衝撃を緩和。タフな環境でも安心して撮影することができます。ディテールにまでタフネス性能にこだわりながら、アクセントになるデザインに仕上げています。

小型・軽量

高画質と充実の機能、そしてトップクラスのタフネス性能。そのすべてを備えながらも、約313gで小型・軽量。海へ山へ、そして街へ、どこへでもアクティブに持ち歩いて、撮りたい瞬間を思いのままに表現できます。

Nikon 1 AW1本体のみの質量です。

使うシーンに合わせて選べる充実のアクセサリー【NEW】

Nikon 1 AW1のためのアクセサリーです。撮影するシーンや用途に合わせて選ぶことができます。よりアクティブにNikon 1 AW1を使って撮影が楽しめます。

シリコンジャケット CF-N6000
カメラボディーの表面やレンズの鏡筒部分を、キズから守ります。ブラック、カーキ、オレンジの3つのカラーから、スタイルに合わせて選べます。
グリップ GR-N6000
タフな撮影環境でもカメラをしっかりホールドできる、頼もしいグリップです。付属のネジで、しっかりとボディーに固定できます。
ハンドストラップ AH-N6000
水中撮影に最適な防水ハンドストラップです。手首に固定することができ、水中でも安心して撮影が楽しめます。
フィルター AW 40.5NC
専用防水レンズに取り付けると、水中でのレンズのくもりを軽減することができます。水辺や水中でお使いになるときは、取り付けることをおすすめします。

簡単に素早く操作できる アクション操作 【NEW】

アウトドアでの撮影のために新たに設計されたアクション操作。今までにない簡単でシンプルな操作性をもたらします。ボディー背面の [アクションボタン]を押したまま、カメラを左右に傾けるだけで撮影モードの変更や再生画面での画像選択などの操作を行うことが可能。ボタンをはなすと設定が決定され、再度変更するまで変わりません。グローブを着用している時なども、簡単に素早く操作ができて便利です。

撮影モードの変更

Nikon 1 AW1動画

再生画面での画像選択

Nikon 1 AW1動画

アウトドア表示の切り替え

Nikon 1 AW1動画

撮影画面で [アクションボタン]を押したままカメラを左右に傾けると、オートモード、クリエイティブモード、アドバンスト動画モード、ベストモーメントキャプチャーモード、モーションスナップショットモードと5つの撮影モードを切り替えることができます。 [アクションボタン]をはなすと決定します。

再生画面で [アクションボタン]を押したままカメラを左右に傾けると、表示する画像を選ぶことができます。カメラを右に傾けると次の画像が、左に傾けると前の画像が表示されます。

動画の再生中は、 [アクションボタン]を押したままカメラを右に傾けると早送り、左に傾けると巻き戻しできます。カメラの傾きによって、早送り・巻き戻しの速度が変わります。また、動画の一時停止中は、コマ送り・コマ戻しができます。

メニュー画面で [アクションボタン]を押したままカメラを左右に傾けると、アウトドア表示と通常表示を切り替えられます。アウトドア表示にすると、明るい場所でも画面が見やすくなります。晴れた日のビーチや照り返しの強い雪山などのシーンに最適です。

水中でも感じたままを自由に表現 【NEW】

色合いやゆがみなど、水の中ならではの難しさがある水中撮影を、水中対応のさまざまな機能でサポート。水中で見たままの世界を、思い通りに表現できます。

水中で撮影した画像は、水深が深くなるほど青みが強調されます。水中撮影用のクリエイティブモード[水中]に設定すれば、難しい設定をしなくても画像の青みをカメラが自動的に補正し、自然な色合いで表現することができます。設定は、[スタンダード]、[ダイビング]、[クローズアップ]の3つから選択できます。また撮影時に液晶モニターで確認しながら、青と緑の色味のバランスを手動で補正することもできます

内蔵フラッシュ使用時は補正できません。
防水レンズに別売のAW1専用フィルター(フィルター AW 40.5NC)を取り付けると、水中でのレンズのくもりを軽減することができます。水辺や水中でお使いになるときは、AW1専用フィルターを取り付けることをおすすめします。

スタンダード

水辺やシュノーケリングなど、水深の浅い場所での撮影に。

クローズアップ

近接距離の被写体の撮影に。

ダイビング

スキューバダイビングなど、比較的水深の深い場所での撮影に。

水中撮影に適したホワイトバランスを設定することができます。水中撮影時に強調されやすい青みを自動的に補正。水中の世界をより自然な色合いで表現します。

防水レンズに別売のAW1専用フィルター(フィルター AW 40.5NC)を取り付けると、水中でのレンズのくもりを軽減することができます。水辺や水中でお使いになるときは、AW1専用フィルターを取り付けることをおすすめします。
ホワイトバランス[水中]
ホワイトバランス[晴天]

自動ゆがみ補正を[する(水中)]に設定すると、水中撮影時に発生しやすい糸巻き型のゆがみを自動的に補正します。水中の被写体を見たままに近いかたちで捉えた自然な画像に仕上げます。

1 NIKKOR AW 10mm f/2.8または1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6を装着した場合のみ機能します。
自動ゆがみ補正を[する(水中)]に設定すると、シャッターをきってから、記録が始まるまで時間がかかる場合があります。
防水レンズに別売のAW1専用フィルター(フィルター AW 40.5NC)を取り付けると、水中でのレンズのくもりを軽減することができます。水辺や水中でお使いになるときは、AW1専用フィルターを取り付けることをおすすめします。

通常撮影

自動ゆがみ補正[する(水中)]

水中撮影に対応 内蔵フラッシュ 【NEW】

水中でも対応する手動ポップアップ方式の内蔵フラッシュを搭載。光が少なく暗くなりがちな水中でも、明るく鮮やかに撮影することができます。

アウトドアで役立つ多彩な計測機能 【NEW】

アウトドアでの撮影をサポートするだけでなく、旅の思い出を残すのにも役立つ、多彩な計測機能を搭載。位置や高度、水深などの情報を、撮影した画像に記録します。またカメラを水平に保つのに便利な水準器も搭載しています。

高度、水深を簡単に確認することができます。高度は-500m~+4500m、水深は0m~20mの範囲で表示が可能で、撮影した画像に記録できます。

高度計/水深計で表示される情報はあくまでも目安です。専門的な用途に使用しないでください。

カメラの向いている方位を表示し、撮影した画像に記録することができます。

1 NIKKOR AW 10mm f/2.8、1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6を装着した場合のみ、方位の情報が画像に記録されます。
電子コンパスで表示される情報はあくまでも目安です。専門的な用途に使用しないでください。

カメラのローリング方向(水平方向)の傾きを表示します。カメラを水平にキープすることができ、水平状態がわかりにくい水中や霧のかかった山頂での撮影時などに役立ちます。

現在の位置情報(緯度・経度)と時刻(UTC(協定世界時))を取得し、撮影した画像に記録することができます。GPSとGLONASSの2つの位置情報機能を利用することで、より正確な情報をスピーディーに取得できます。

移動中の位置情報や水深情報のログデータを取得し保存することができます。記録したログデータでソフトウェアViewNX 2(付属)の地図上に移動ルートを表示することが可能。旅の楽しい思い出が、より鮮やかによみがえります。

インターネットに接続できる環境が必要です。

アウトドアでも見やすいGUIデザイン 【NEW】

メニュー画面は、アウトドアでの撮影に適した見やすいデザインに進化。メニュー項目の中にあるモニター表示に[ハイコントラスト表示]とモニターの明るさに[Hi](高輝度)を新たに搭載しました。日差しが明るく液晶モニターが見づらいアウトドアでの撮影の際も、表示が明るいので便利です。モニターで簡単に確認して撮影することができます。

見やすくなったメニュー画面

ハイコントラスト表示[する]に設定

モニターの明るさを[Hi]に設定

「アウトドア表示」に切り替えるだけで、モニター表示を[ハイコントラスト表示]に、モニターの明るさを[Hi](高輝度)に設定できるので便利です。「アウトドア表示」には、メニュー画面を表示して、ボディー背面の [アクションボタン]を押したままカメラを左右に傾けるアクション操作で簡単に切り替えられます。

操作ボタンロック機能 【NEW】

選んだボタンを機能しないようにロックすることができます。薄暗いシーンや水中、降雨・降雪時の撮影などで、ボタンの押し間違いによる誤作動を防ぎます。わかりやすいメニュー画面で、ロックしたいボタンを簡単に選ぶことができます。

ロック操作イメージ

ロック可能なボタン

防水についての案内表示 【NEW】

初めてカメラの電源を入れる際やバッテリーを交換した後などに、防水についての案内が表示されます。防水性能を保つための注意事項やお手入れの方法を確認することができて安心です。