Nikon Imaging
Japan

Nikon 1 J5

カメラの機能

ピクチャーコントロール

「ピクチャーコントロール(Picture Control)システム」とは、輪郭強調、コントラスト、明るさ、色の濃さ(彩度)、色合い(色相)などの画像調整の設定を、対応するカメラやソフトウェアで相互に利用できるニコン独自の画作りシステムです。

ピクチャーコントロール:スタンダード
ピクチャーコントロール:ポートレート
ピクチャーコントロール:ビビッド
ピクチャーコントロール:モノクローム

[スタンダード]
ほとんどの撮影状況に適しています。鮮やかでバランスの取れた標準的な画像になります。

[ニュートラル]
撮影した画像を積極的に調整、加工する場合に適しています。素材性を重視した自然な画像になります。

[ビビッド]
青、赤、緑など、原色の色を強調したいときに適しています。メリハリのある生き生きとした色鮮やかな画像になります。

[モノクローム]
白黒やセピアなど、単色の濃淡で表現した画像になります。

[ポートレート]
人物の肌がなめらかで自然な画像になります。

[風景]
自然の風景や街並みが色鮮やかな画像になります。

手順

【F(フィーチャー)メニュー】

P、S、A、Mモードの撮影画面でロータリーマルチセレクターの[F](フィーチャー)を押すと、F(フィーチャー)メニューが表示されます。

1: 撮影モード
2: シャッタースピード
3: 絞り値
4: ISO感度設定
5: AFエリアモード、フォーカスモード、測光モード、Picture Control、ホワイトバランス
クリエイティブモードの撮影画面でロータリーマルチセレクターの[F](フィーチャー)を押すと、F(フィーチャー)メニューが表示されます。クリエイティブモードの設定によって表示される項目は異なります。

1: 撮影モード
2: クリエイティブ
3: シャッタースピード
4: 絞り値
5: ISO感度設定
6: AFエリアモード、フォーカスモード、測光モード、Picture Control、ホワイトバランス、画像サイズ、色の選択、効果の度合い、ポートレート、色相、色の濃さ、周辺減光
アドバンスト動画モードの撮影画面でロータリーマルチセレクターの[F](フィーチャー)を押すと、F(フィーチャー)メニューが表示されます。アドバンスト動画モードの設定によって表示される項目は異なります。

1: 撮影モード
2: アドバンスト動画、露出モード
3: シャッタースピード
4: 絞り値
5: ISO感度設定
6: Picture Control、ホワイトバランス、サイズ/フレームレート、スローモーション、撮影間隔、AEロック
【撮影メニュー】

MENUボタンを押してメニュー画面を表示し、[撮影]を選ぶと、撮影メニューが表示されます。

ピクチャーコントロール と関連する機能

ここでご紹介したピクチャーコントロールと関連する機能をご確認いただけます。

Nikon 1 J5 の「機能」をもっと見る
ページトップへ戻る