Nikon Imaging
Japan

Df

撮影のコツ

夜景

夜景撮影の基本は、三脚の使用です。それでも、撮影条件によっては、カメラの「ブレ」で失敗することがあります。このリスクを軽減する方法をいくつかご紹介しましょう。

まずは別売のワイヤレスリモートコントローラー。実は、シャッターを押す時にもブレは発生します。ワイヤレスリモートコントローラーは、撮影時、なるべくカメラに触れないための機材です。

それでもブレが気になるようなら、ミラーアップ撮影を試してみましょう。
カメラ内部のミラーの動きもブレの原因となることがあります。シャッターをきる前にミラーを上げておくことで、その振動を軽減します。

夜景
夜景

バルブ撮影やタイム撮影など、長時間露光で撮影をすると、画像にざらつき(ノイズ)が現れる場合があります。そのノイズを取り除いてくれるのが長秒時ノイズリダクションです。併せて活用しましょう。

夜景 で使った機能
機能の詳しい説明や操作手順についてご確認いただけます。

Df の「撮影のコツ」をもっと見る
ページトップへ戻る