Nikon Imaging
Japan

Df

カメラの機能

撮影モード M(マニュアル)

シャッタースピードと絞り値の両方を自分で設定します。長時間露出(バルブ、タイム)撮影も、このモードで行います。絞り値もシャッタースピードも撮影者自身が選ぶので写真の表現の幅は広がります。

しかし組み合わせを誤ると明るすぎる写真や暗すぎる写真となってしまいます。これを露出オーバー、露出アンダーと呼びます。このため、カメラの露出インジケーターを見ながら、絞り値とシャッタースピードの組み合わせを決めることをおすすめします。

手順

01. 露出モードダイヤルを回し撮影モードをM(マニュアル)に合わせます。

半押しタイマーがオンのときに、ファインダー内表示の露出インジケーターを確認しながら、シャッタースピードと絞り値を設定します。
02. 絞り値の設定:

サブコマンドダイヤルを回して、絞り値を設定します。設定できる最小絞り値、開放F値はレンズの種類によって異なります。
03.シャッタースピードの設定:

シャッタースピードダイヤルロックボタンを押しながら、シャッタースピードダイヤルを回して、シャッタースピードを設定します。

[1]シャッタースピードダイヤルロックボタン
[1] 1/4000〜1/2秒
[2] 1/3ステップ
[3] フラッシュシンクロ
[4] 長時間露出
[5] 1〜4秒

撮影モード M(マニュアル) と関連する機能

ここでご紹介した撮影モード M(マニュアル)と関連する機能をご確認いただけます。

Df の「機能」をもっと見る
ページトップへ戻る