Nikon Imaging
Japan

Df

カメラの機能

画像編集:フィルター効果

画像全体の色調を演出できます。

画像編集:フィルター効果:ソフト
画像編集:フィルター効果:元画像

[スカイライト]
スカイライトフィルターのように、画像の青みを抑える効果があります。

[ウォームトーン]
画像を暖色にする効果があります。

[赤強調]
赤色が強調されます。

[緑強調]
緑色が強調されます。

[青強調]
青色が強調されます。

[クロススクリーン]
クロスフィルターのように、太陽の反射や街灯などの光源から、放射状に光のすじが伸びる効果があります。

[ソフト]
ソフトフィルターのように、画像をソフトな雰囲気に仕上げます。

手順

[スカイライト]
[ウォームトーン]

メニューで選択すると、プレビュー画像が表示されます。
[赤強調]
[青強調]
[緑強調]

マルチセレクターで強調の度合い(色の濃さ)を調整できます。上を押すと色が濃くなり、下を押すと色が薄くなります。
[クロススクリーン]

[光線の本数]:光線の本数を、3種類から選べます。

[クロスの量]:クロスフィルターがかかる光源の量を3段階から選べます。

[光線の傾き]:光線の傾きを3段階から選べます。

[光線の長さ]:放射状に伸びる光の長さを3段階から選べます。

[確認]を選んでOKボタンを押すと、現在設定している内容を画像に反映します。拡大表示ボタンを押している間、1コマ表示モードと同じ大きさで画像を確認できます。

保存する場合は[保存]を選んでOKボタンを押してください。
[ソフト]

マルチセレクターの上または下を押すと、効果の度合いを[強め]、[標準]、[弱め]から選べます。効果の度合いは、設定画面のプレビュー画面で確認できます。

画像編集:フィルター効果 と関連する機能

ここでご紹介した画像編集:フィルター効果と関連する機能をご確認いただけます。

Df の「機能」をもっと見る
ページトップへ戻る