Nikon Imaging
Japan

Df

カメラの機能

ライブビュー

液晶モニターに被写体を表示する機能のことです。
液晶モニターを見ながら撮影することを、ライブビュー撮影といいます。

手順

01. ライブビューボタンを押します。
ミラーアップしてライブビューを開始します。ファインダー内が暗くなり、液晶モニターに被写体が表示されます。
02. フォーカスポイントを被写体に重ねます。
フォーカスポイントの形状は[AFエリアモード]によって異なります。
03. シャッターボタンを半押しして、ピントを合わせます。

半押し時のフォーカスポイントは、オートフォーカス作動中は緑色で点滅し、ピントが合うと緑色で点灯します。ピントが合わないと赤色で点滅します。

シャッターボタンを半押しすると、ピントが合った時点でフォーカスがロックされます。

露出を固定(AEロック)するには、AE/AFロックボタンを押し続けます。

撮影モードがMの場合は、露出インジケーターを確認して、適正露出になるよう設定できます。
04. シャッターボタンを全押しして撮影します。

撮影時は液晶モニターが消灯します。
05. ライブビューボタンを押してライブビューを終了します。

ライブビュー と関連する機能

ここでご紹介したライブビューと関連する機能をご確認いただけます。

Df の「機能」をもっと見る
ページトップへ戻る
ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら