Nikon Imaging
Japan

D810

カメラの機能

AFエリアモード(ファインダーを使った撮影) グループエリアAF

撮影者が選んだフォーカスポイント(グループ)を使ってピント合わせをします。広い範囲で被写体を捉えるため、誤って背景にピントが合ってしまうことが起こりにくくなります。1つのフォーカスポイントでは捉えにくい被写体を撮影する場合に適しています。

AFモードがAF-Sのときは、人物の顔を認識します。その場合は、認識した顔を優先してピントを合わせます。

グループエリアAF
シングルポイントAF

手順

01. AFモードボタンを押しながら、サブコマンドダイヤルを回します。

[1] AFモードボタン
02. AFエリアモードは、表示パネルとファインダー内に表示されます。

AFエリアモード(ファインダーを使った撮影) グループエリアAF と関連する機能

ここでご紹介したAFエリアモード(ファインダーを使った撮影) グループエリアAFと関連する機能をご確認いただけます。

D810 の「機能」をもっと見る
ページトップへ戻る