Nikon Imaging
Japan

D750

カメラの機能

長秒時ノイズ低減

低速シャッタースピードになったときに発生するノイズ(ざらつき、むら、輝点)を低減します。

[する]
シャッタースピードが1秒より低速になった場合に、長秒時ノイズの低減処理を行います。

[しない]
長秒時ノイズの低減処理を行いません。

手順

長秒時ノイズ低減処理は、撮影後に行われます。処理中は、表示パネルとファインダー内表示に"Job nr"が点滅します。この表示が消えるまで、撮影はできません。長秒時ノイズの低減処理を行う場合、画像を記録するまでの時間は、長秒時ノイズ低減を行わない場合の約2倍になります。

D750 の「機能」をもっと見る
ページトップへ戻る