Nikon Imaging
Japan

D750

カメラの機能

撮像範囲

このカメラで設定できる撮像範囲は次の通りです。

[A] DXレンズのイメージサークル [B] 35mm判カメラ用レンズのイメージサークル

[FX(36 × 24)1.0× (FXフォーマット)]
35mm 判カメラに準じた画角のFX フォーマット(35.9×24.0 mm)で画像を記録します。35mm判カメラ用のニッコールレンズを装着して撮影するときに設定します。

[1.2×(30 × 20)1.2×]
29.9×19.9 mmで画像を記録します。レンズに表記されている焦点距離の約1.2倍のレンズに相当する画角になります。動画撮影メニューでは選べません。

[DX(24 × 16)1.5× (DXフォーマット)]
DXフォーマット(23.5×15.7 mm)で画像を記録します。レンズに表記されている焦点距離の約1.5倍のレンズに相当する画角になります。

手順

メニューの[撮像範囲]で設定する場合

01. 静止画撮影メニューまたは動画撮影メニューの[撮像範囲]を選んでマルチセレクターの右を押します。
02.[撮像範囲設定]を選びます。

[撮像範囲設定]を選んでマルチセレクターの右を押すと、[撮像範囲設定]画面が表示されます。
03. 設定したい撮像範囲を選びます。

設定したい撮像範囲を選んで、OKボタンを押します。

設定に応じた撮像範囲がファインダー内で確認できます。
Fnボタンとコマンドダイヤルで設定する場合

01. カスタムメニューf2[Fnボタンの機能]の[コマンドダイヤル併用時の動作]を[撮像範囲選択]に設定します。

Fnボタンとコマンドダイヤルの組み合わせに対して、撮像範囲の選択機能が割り当てられます。
02. Fnボタンを押しながら、メインコマンドダイヤルまたはサブコマンドダイヤルを回します。
設定に応じた撮影範囲がファインダー内で確認できます。

Fnボタンを押すと、表示パネルやファインダー内表示、インフォ画面で撮像範囲の設定を確認できます。

FX(36 × 24)1.0×(FXフォーマット)の場合の表示: 36 - 24
1.2×(30 × 20)1.2×の場合の表示: 30 - 20
DX(24 × 16)1.5×(DXフォーマット) の場合の表示: 24 - 16

D750 の「機能」をもっと見る
ページトップへ戻る