Nikon Imaging
Japan

D7200

カメラの機能

撮像範囲

撮像範囲を[DX(24×16)](DXフォーマット)または[1.3×(18×12)](対DX 1.3×クロップ)のいずれかに変更できます。

[A] ファインダー表示 [B] DX(24×16)で撮影した画像 [C] 1.3×(18×12)で撮影した画像

[DX(24×16)]
23.5×15.6 mmの撮像範囲で画像を記録します(DXフォーマット)。

[1.3×(18×12)]
18.8×12.5 mmで画像を記録します。撮像範囲が[DX(24×16)]の場合と比べ、記録する撮像範囲が狭くなり、レンズを交換しなくても望遠レンズで撮影したときと同様の効果があります。また、速い連続撮影速度で撮影できるようになります。

DX(24×16)
1.3×(18×12)

手順

【メニューの[撮像範囲]で設定する場合】

01. 静止画撮影メニューまたは動画撮影メニューの[撮像範囲]を選んでマルチセレクターの右を押します。
02. 設定したい撮像範囲を選びます。

設定したい撮像範囲を選んで、OKボタンを押します。
【Fnボタンとコマンドダイヤルで設定する場合】

01. カスタムメニューf2[Fnボタンの機能]の[コマンドダイヤル併用時の動作]を[撮像範囲選択]に設定します。

Fnボタンとコマンドダイヤルの組み合わせに対して、撮像範囲の選択機能が割り当てられます。
02. Fnボタンを押しながら、メインコマンドダイヤルまたはサブコマンドダイヤルを回します。
設定に応じた撮影範囲がファインダー内で確認できます。

Fnボタンを押すと、表示パネルやファインダー内表示、インフォ画面で撮像範囲の設定を確認できます。

D7200 の「機能」をもっと見る
ページトップへ戻る