Nikon Imaging
Japan

D610

カメラの機能

フラッシュ

デジタル一眼レフカメラの多くは、ポップアップ式のフラッシュを内蔵しています。

撮影モードをオートモードにしておけば、暗い場所や逆光のときに自動的に発光します。シーンモードの場合もポートレートモード、クローズアップモードなどでは、暗い場所や逆光のときに自動的に発光します。撮影モード(露出モード)をP、S、A、Mモードにしたときは、撮影者が自分でフラッシュ発光のオン/オフを設定します。

フラッシュを使わないと、暗い場所でシャッタースピードが遅くなり被写体がブレてしまうことや、逆光で被写体が暗くなってしまうことがあります。フラッシュを使うと暗い場所で被写体がブレやすくなるのを防ぎ、逆光でも被写体を明るく撮影できます。

フラッシュを使った撮影
フラッシュを使わない撮影

手順

01. 撮影モード[オートモード]では、被写体が暗い場合や逆光の場合に、シャッターボタンを半押しすると自動的に内蔵フラッシュが上がります。
02. ファインダー内にレディーライトが点灯しているときは、シャッターボタンを全押しすると、内蔵フラッシュが発光します。内蔵フラッシュが上がっている状態でレディーライトが点灯していないときは、フラッシュが充電中のため、撮影できません。
03. 内蔵フラッシュを収納するときは、カチッと音がするまで手で軽く押し下げます。バッテリーの消耗を防ぐため、使用しないときは常に収納してください。

フラッシュ と関連する機能

ここでご紹介したフラッシュと関連する機能をご確認いただけます。

D610 の「機能」をもっと見る
ページトップへ戻る