Nikon Imaging
Japan

D5300

撮影のコツ

動く被写体にピントを合わせる

AF-C、ダイナミックAF

スポーツの撮影などで、動きまわる被写体にピントを合わせるのに苦労した経験はありませんか。動く被写体を撮影するには、オートフォーカスを正しく設定する必要があります。オートフォーカスは、フォーカスモードとAFエリアモードを組み合わせて設定します。

フォーカスモードは、コンテュニアスAFサーボを選択します。動き続ける被写体の動きに合わせてピントを合わせ続けてくれます。

AFエリアモードで、ファインダー内に表示されるフォーカスポイントをどのように選ぶかを設定します。AFエリアモードの3D-トラッキングは被写体の動きに合わせてピントの合う場所を自動的に切り換えてくれます。またダイナミックAFなら、不規則に動く被写体でもピントを合わせ続けてくれます。


D5300 の「撮影のコツ」をもっと見る
ページトップへ戻る
ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら