Nikon Imaging
Japan

D3400

カメラの機能

AFエリアモード(ファインダー撮影)

オートフォーカスでピントを合わせる場所は、ファインダー内にフォーカスポイントとして表示されます。フォーカスポイントを選ぶことで、ピントを合わせる場所を変えることができます。複数のフォーカスポイントの中からどのフォーカスポイントでピントを合わせるかは、撮影者が選ぶこともできますし、カメラの自動選択に任せることもできます。どのようにフォーカスポイントを選ぶのかを設定するのが、AFエリアモードです。

ファインダー内に、ピントを合わせるポイントとしてフォーカスポイントが表示されます。シングルポイントAF、ダイナミックAF、3D-トラッキングでは、撮影者自身がフォーカスポイントを選べます。

 シングルポイントAF

静止している被写体の撮影に適しています。選んだフォーカスポイントだけを使ってピント合わせをします。

 ダイナミックAF
不規則な動きをする被写体の撮影に効果的です。選んだフォーカスポイントから被写体が一時的に外れてしまった場合でも、周辺のフォーカスポイントからのピント情報を使ってピントを合わせます。

 3D-トラッキング(11点)
選んだフォーカスポイントで被写体にピントを合わせると、シャッターボタンを半押ししている間、構図の変化に合わせて、フォーカスポイントを自動的に切り換えてピントを合わせ続けます。

 オートエリアAF
カメラが自動的に、全てのフォーカスポイントから被写体を判別してピントを合わせます。

ダイナミックAF

手順

01.[AFエリアモード]を選ぶ

iボタンを押します。
• マルチセレクターで[AFエリアモード]を選んでボタンを押します。
02. 設定したいAFエリアモードを選ぶ

OKボタンを押して設定します。

AFエリアモード(ファインダー撮影) と関連する機能

ここでご紹介したAFエリアモード(ファインダー撮影)と関連する機能をご確認いただけます。

D3400 の「機能」をもっと見る
ページトップへ戻る