星野 佑佳×NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VRメイン作例写真

星野 佑佳Yuka Hoshino

NIKKOR Z24-200mm f/4-6.3 VR

NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR

「迷わずに選べる、この実力」

コンパクトなこの高倍率ズームの機動力に期待を込めて、沖縄諸島へ。たった一夜花を咲かせ夜明けに散る、サガリバナを見られる場所へとカヌーで向かった。予想以上に薄暗い状況、不安定なカヌー、そして慣れない手持ち撮影だったが確かな手ブレ補正となめらかなズーミング、素早いAFに助けられた。そして絞り開放であっても繊細な花のディテールまで克明に捉え、ボケ味は高倍率ズームレンズとは思えないほどの美しさだ。さらに逆光にも強いことが頼もしい。作品の質を落とさずに装備を減らしたいとき迷わず選べるレンズである。

星野 佑佳×NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR作品

• カメラ:Z 7 • レンズ:NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR • 画質モード:JPEG Normal (8-bit) • 撮影モード:絞り優先オート • シャッタースピード:1/5秒 • 絞り:f/11 • ホワイトバランス:晴天 • ISO 感度:100 • ピクチャーコントロール:ビビッド

早暁の空は一面雲に覆われていたが、朝日が顔を出す山並みの上にだけ雲がない。これは、という予感とともに準備を整える。そして日の出直前、すべてが強烈に焼け始めた。焦点距離は24mm。大きな歪みも無く、ダイナミックな眺望を画面の隅々まで克明に描ききった。

水面に落ちたサガリバナは、どんどん流されながら、すぐに萎れていく。ふと、シダの垂れ下がる岸辺にたどり着いた花一輪を見つけた。素早く200mmの望遠側で撮影。ズーミングがなめらかなので、ストレスなく構図に集中できる。その儚い美しさを克明に捉えた。

星野 佑佳×NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR作品

• カメラ:Z 7 • レンズ:NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR • 画質モード:ロスレス圧縮RAW (14-bit) • 撮影モード:マニュアル • シャッタースピード:1/160秒 • 絞り:f/6.3 • ホワイトバランス:オート0 • ISO 感度:400 • ピクチャーコントロール:ビビッド

星野 佑佳×NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR作品

• カメラ:Z 7 • レンズ:NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR • 画質モード:JPEG Fine (8-bit) (画質優先) • 撮影モード:絞り優先オート • シャッタースピード:2.5秒 • 絞り:f/11 • ホワイトバランス:晴天 • ISO 感度:100 • ピクチャーコントロール:ビビッド

黒光りする絶壁を撫でるように流れる小さな滝。静と動を幽玄に描きたいと、スローシャッターで水の流れを羽衣のようにして、24mmで撮影する。水と岩肌の織りなす模様、葉っぱの繊細なエッジなど、剛柔さまざまな質感があますことなく表現され、格調を感じる仕上がりとなった。

カメラをぶら下げて自宅近くを散歩中、セミの抜け殻を200mm、絞り開放で手持ち撮影。青紅葉や木漏れ日のボケ味が柔らかで美しい。見上げる姿勢のまま、風に揺れる葉が止まる瞬間を狙ったが、レンズ内手ブレ補正機構のおかげで、ファインダー像が常に安定し、とても助かった。

星野 佑佳×NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR作品

• カメラ:Z 7 • レンズ:NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR • 画質モード:ロスレス圧縮RAW(14-bit) • 撮影モード:マニュアル • シャッタースピード:1/125秒 • 絞り:f/6.3 • ホワイトバランス:晴天 • ISO 感度:400 • ピクチャーコントロール:ビビッド

星野 佑佳×NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR作品

• カメラ:Z 7 • レンズ:NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR • 画質モード:JPEG Fine (8-bit) (画質優先) • 撮影モード:絞り優先オート • シャッタースピード:1/400秒 • 絞り:f/13 • ホワイトバランス:晴天 • ISO 感度:Lo 1(ISO 32相当) • ピクチャーコントロール:ビビッド

朝夕は雲が広がる日が続いたが、この日やっと、周囲をオレンジ色に染めながら雲の合間から覗く日輪を撮ることができた。太陽の輪郭を捉えるため、露出はアンダー気味に設定。このレンズはゴースト・フレアにも強く、真夏の太陽を画面に入れることも厭わない。

夜に咲き、日の出とともに散るサガリバナ。房状に咲く姿をおさめようと、まだ薄暗い時間、満ちてくる潮の小さなうねりに揺れるカヌーから手持ちで挑んだ。焦点距離43mmで、シャッタースピードは1/30秒。花がブレたりAFが合いづらいかと危惧したが、強力な手ブレ補正効果もあり、高画素の等倍拡大でも克明に描ききったこのレンズの実力に驚く。

星野 佑佳×NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR作品

• カメラ:Z 7 • レンズ:NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR • 画質モード:JPEG Normal (8-bit) • 撮影モード:マニュアル • シャッタースピード:1/30秒 • 絞り:f/5.3 • ホワイトバランス:オート0 • ISO 感度:1600 • ピクチャーコントロール:ビビッド

星野 佑佳プロフィール写真

風景写真家

星野 佑佳(ほしの ゆか)

京都市生まれ・在住。写真家・フォトエッセイスト。同志社大学法学部卒業。2000年から海外や日本全国を放浪しながら撮影を始める。2005年より地元である京都の風景や風物詩の撮影も手掛ける。近著に「京の祭と行事365日」(淡交社)、フォトエッセイ集「撮り旅」(風景写真出版)がある。写真展は2018年のTHE GALLERY(ニコンプラザ新宿、ニコンプラザ大阪) 企画展「絶景恋愛」など。

NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR

NIKKOR Z24-200mm f/4-6.3 VR

この高画質が、高倍率ズームの世界を変える

More Photographers