岸本 勉 (きしもと つとむ)
1969年生まれ 東京都出身
10年余りスタッフフォトグラファーとして様々なスポーツイベントを撮影。
2003年に独立して「PICSPORT(ピクスポルト)」を設立。
オリンピックは夏季冬季合わせて13大会、FIFAワールドカップは7大会、ほか国内外問わず様々なスポーツイベントを取材。2015年の第16回FINA世界水泳選手権カザン大会より、オフィシャルFINAフォトグラファーを担当。

まだカメラを手にすることを想像もしていなかった1986年、メキシコで開催されたFIFAワールドカップ をTV観戦。アルゼンチンのマラドーナ選手の圧倒的な活躍、プレーに目を見張った。その4年後、FIFAワールドカップのイタリア大会では、灼熱のフィレンツェでオシムが監督を務め、ピクシーがピッチで舞うユーゴスラビアと、マラドーナがチームをけん引するアルゼンチンとの試合を生で観戦。スポーツの醍醐味を存分に味わい、これを職業にしたいとこの世界に飛び込んだ。父、岸本健は日本のスポーツ写真界における草分け的存在だった。幼少期からオリンピックやFIFAワールドカップなど世界クラスのスポーツイベントは身近に感じていた。その父に頼み込み、父が代表を務める「フォート・キシモト」にて多くの経験をさせてもらい、現在に至る。
国際スポーツプレス協会会員(A.I.P.S.)
日本スポーツプレス協会理事(A.J.P.S.)
Instagram: https://www.instagram.com/picsport_japan/


> 推奨環境
> 利用規約
> 個人情報保護方針