好きがもっと深まる。
双眼鏡で見つける、新たな世界
スポーツ×双眼鏡
06
2019/03/04
Sports Graphic Number

潮田玲子×阿部一二三

完勝する姿を
見てほしいですね

今まで以上に見やすい形で、スポーツ観戦の魅力に触れたい――。
そんなファンの願いを叶えるのがニコンが提供する双眼鏡だ。
2人のアスリートが商品を体験して感じた、新たな観戦の形とは。

text by 別府響 (文藝春秋)
photograph by 深野未季

スポーツ観戦を楽しむ——。

一流アスリートたちの戦いを、現地に赴き自らの目で観戦することは、多くの人にとってとても魅力的なアクティビティだ。しかし、大会のレベルが高ければ高いほど、その会場も広く、大規模になっていく。観客席から現場までの距離も遠くなり、選手たちの白熱したプレーを肉眼では詳しく見ることができないこともしばしばだ。

そこで役立つのが、ニコンの双眼鏡。選手の表情や一瞬のプレーの機微を、まるで目の前で見ているかのような臨場感で見ることができる。

現在、テレビ番組などでスポーツレポーターとして活躍する潮田玲子さんと、昨年の世界選手権男子66kg級金メダリストの阿部一二三選手の2人に、ニコン双眼鏡の魅力を実際に体験してもらった。

阿部一二三さんと潮田玲子さんのツーショット

潮田 まずは昨年のブダペスト世界選手権、男子66kg級優勝おめでとうございました!

阿部 ありがとうございます。今年もアゼルバイジャンでの世界選手権が迫っているので、2連覇を目指したいですね。

潮田 昨年の世界選手権では「オール一本」での優勝にこだわっておられました。

阿部 自分の柔道は一本を取りにいく、投げにいく柔道です。まずは見ている人にも僕の投げる姿を注目してほしいと思っています。大雑把に言ってしまえば、柔道は投げたら勝ちですから(笑)。ファンの皆さんが一番面白くて、楽しいと思えるのは自分が投げているところだと考えています。

潮田 見ていてもスカッとするし、気持ちいいですよね。でも、観戦する際にニコンの双眼鏡を使うと、もっと細かな部分も見えてくると思います。特に注目してほしい部分はありますか?

阿部 そうですね……やっぱりスポーツの会場って大きい大会だと、広いんですよ。観戦する人が観客席の上の方に座ることも多いですし、前の方で見られる人は限られるじゃないですか。遠くで見ている人は、投げている瞬間は見えるかもしれないですけど、近くで見ている方が伝わることがあると思います。双眼鏡を使って見るだけで近くで見ている感覚になれると思うので、投げる直前の組手や、相手のことを組みに行くスピード感も見てほしいです。

潮田 阿部選手には「こうなったら投げることができる」という形はあるんですか?

阿部 基本は2ヵ所で相手をしっかり掴めたとき。要するに、ちゃんと両手で組んだ時ですね。もちろん片手でも決められるときもありますけど、やっぱり両手で持った時の方が決められることは多いので。しっかり両手で組んだら要注目です(笑)。

潮田 「今、組んでいるのかな?」というのも遠くからだと肉眼ではわかりにくいですけど、双眼鏡を使うとその瞬間が「あっ」と分かりますね。投げるか投げないかという瞬間を見逃さないようにしないと。

阿部 僕もこういう良い品質の商品を使ったことがなかったので「双眼鏡ってこんなにキレイにみえるんだ」というのは驚きでした。これで柔道を見ると、肉眼で間近で見ているよりもキレイかもしれない。そういう意味では遠くから柔道を見ていてもわかりやすいかなと思います。

潮田 私は自分でも双眼鏡を使ってサッカーを見に行ったりするんですけど、ズーム機能があるのが感動しました! しかもズームしてもすごくクリアにみえる。かゆいところに手が届くじゃないですけど、選手の表情とかまで見えるのは、やっぱり楽しいですね。個人的には試合に入る前の阿部選手の表情とかも遠目から双眼鏡を使って見てみたいなとも思います(笑)。

阿部 柔道も試合前の花道があるんですけど、そこでの表情は一番気合が入っているので見てほしいですね。「畳に上がる瞬間はどういう動きをしているんだろう」とかにも注目すると面白いかもしれないですね。

潮田 バドミントンはセット間のインターバルの時に、コーチや選手同士で話をするんですよ。そのやりとりは気になっていたので、現役時代にこの双眼鏡を持っていたらそれも見られて面白かったかも(笑)。柔道はそういうインターバルの時間も短い中で、1日で何試合も戦うのが大変ですよね。

阿部 そうなんですよ!前日にトーナメント表を見ても、強い相手が負けるかもしれないし、全く知らない相手だと情報が全然なかったりするので怖さがありますね。

潮田玲子

潮田玲子
Reiko Shiota

1983年9月30日、福岡県生まれ。小学校で本格的にバドミントンをはじめ、高校卒業後に三洋電機入社。08年北京、12年ロンドンと五輪にも2大会連続で代表選出され活躍した

潮田 本当は試合の間は休まなきゃいけないけれど、頭は対戦相手のことを考えないといけない……タフですよね。

阿部 相手の研究を30分とか1時間でやらないといけないのが大変ですね。まずは相手の特徴を掴むこと。組手は左か、右かとかですね。どっちが勝ってきても大丈夫なように両選手見ておかないといけない。

潮田 2年後に迫った東京の大舞台では、そういったあたりの対応力も重要になってくるんでしょうね。日本では柔道という競技はどうしても金メダルを求められますから、プレッシャーは大変だと思います。

阿部 きっと計り知れない重圧があるんだと思います。でも、リオに出られなかった悔しさもありますし、その悔しさもぶつけていきたいと思います。まずは自分の一本を取る柔道というのをたくさんの人に見てほしいです。東京で「圧倒的な力で優勝する」というのが僕の目標なので、完勝する姿を見てほしいですね。

潮田 わかりやすい一本でバンバン相手を投げて、表彰台の一番上で金メダルをかけている姿を、私はこの双眼鏡でのぞけばいいのですね(笑)。それができたら最高です。

阿部 決勝まで行ったらたくさんの観客が自分と相手に注目してくれると思います。そういう時はこの双眼鏡を使ってほしいですね。ファンの皆さんの期待に、自分は応えたいと思います。

阿部一二三

阿部一二三
Hifumi Abe

1997年8月9日、兵庫県生まれ。6歳から柔道を始める。中学時代から全国大会で活躍し、初出場となった世界選手権で優勝。得意技は背負投、袖釣込腰。168cm、66kg

ニコンの双眼鏡で、
スポーツ観戦をより楽しく。

柔道の試合を見るには、選手の組手やその表情も見ることができる『MONARCH 7 8×30』がおすすめだ。両選手の熱い戦いを迫力満点で観戦できる。色々な角度から試合を楽しみたい人には、ズーム機能を搭載した『ACULON T11 8-24×25』もおすすめ。
可愛らしいデザインの『ACULON W10』も人気だ。柔道観戦は、同時に複数の試合が進行することも多く、双眼鏡を使うことで新しい見方を楽しむことができる。試合会場から離れた席からでも手元に双眼鏡があれば、迫力ある一本を間近に感じられる。武道独特の熱気や緊迫感を楽しみつつ、選手の技のキレまで注目できるはずだ。柔道の聖地・日本武道館は3階席まである大会場だが、双眼鏡があれば魅力的な観戦ができるだろう。

阿部一二三の試合風景阿部一二三の試合風景