Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

F6

機能と特長2

過酷な使用条件をものともしない、圧倒的な耐久性。安心感、そして快適な使い心地。撮る道具としての資質。

多彩な先進機能、高性能を満載しながら、ニコン独自の密装技術を駆使して実現した軽量・コンパクトボディは、ニコン一眼レフカメラの新しいデザインアイデンティティを踏襲した、ジュージアローデザインによるシンプルにしてパワフルなフォルム。切れ味鋭いニコンF6の卓越した機動力を象徴する、グリップ部に配した三角形の赤いモチーフと稜線を強調したシャープなデザインが、持つ人を、積極果敢なフォトシューティングへと駆り立てます。

ジュージアーロによるデザインラフスケッチ
第1次、第2次、および最終モックアップ

厳格な基準に基づく数々の試験を通して、各部の仕様を徹底的に検証・改善。固定式ファインダーの採用、Oリングなどによる接合部の厳重なシーリングにより、高い防滴・防塵性能を実現しています。また、各部に用いる油脂類についても細かな見直しを行っており、使用部位ごとに最適化することにより温度変化による影響を最小限に抑え、-20℃~+50℃という広い温度範囲での快適な使用を可能にしています。

漏光試験
ファインダー部表示およびスーパーインポーズ機能の検査

上部、下部カバーおよび前部ボディには、軽量かつ堅牢なマグネシウム合金を、厳密な平滑性が求められるフィルムガイドレールを有する後部ボディにはアルミニウム合金を採用。求められる資質に応じて吟味された適材適所のメタルボディが、高次元の軽さと強さを見事に両立し、プロが求める高い機動力を実現しています。

カメラの重さが手のひらに伝わるポイントまでも検証し、しっくりと手に馴染む、しかも支えやすい形状を追究した、長時間使用時の疲労を大幅に軽減するグリップデザイン、質感の高い外装素材。そして撮影中の自然な動作で的確に操作できるよう、形状、レイアウト、さらには角度までも最適化したダイヤル、セレクター、ボタン。一部のボタンに施した指先に優しいラバー素材によるサポート。こうした、隅々まで行き届いた配慮が最高級モデルにふさわしい使い心地を実現しています。

市販の単3形電池(アルカリ乾電池、ニッケル水素電池、リチウム電池)8本、または別売のLi-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL4(D2X/Hと共用、別売のバッテリー室カバーBL-3を併用)を使用してF6本体に電源を供給し、最高約8コマ/秒の高速連続撮影が可能。また、縦位置用のシャッターボタン、メインコマンドダイヤル、サブコマンドダイヤル、AF作動ボタン、マルチセレクター、マルチセレクターロックレバーを搭載しており、縦位置撮影時の操作性が格段に向上します。

MB-40
EN-EL4

撮影者の多様な欲求に的確に応える柔軟性。内容も操作性も、一段と充実したカスタマイズ機能。

背面に装備された大型の液晶表示パネルは、数々の情報を見やすく表示(ノーマル・詳細・拡大の切り換えが可能)するだけでなく、メニュー方式による、多彩な機能の簡単設定操作を実現しています。数々のカスタムメニュー、撮影データの記憶・表示・消去の設定や日時設定などのセットアップ、インターバルタイマー撮影などの各種撮影、非CPUレンズ情報の入力、表示言語(Language)の設定が、背面に配置されたマルチセレクターの操作で簡単に行えます。

メインメニュー
セットアップメニュー
レンズ情報

従来、別売のデータバックやマルチコントロールバックに搭載されていたデータ写し込み(0コマ、コマ間、画面内)や、多重撮影、インターバルタイマー撮影などの機能をボディに内蔵。いずれも、撮影メニューで簡単に設定できます。

撮影メニュー

ボディ前面下部に配した「ファンクションボタン」は、カスタムメニュー「f3」の設定によってスピードライトの発光禁止やブラケティングの自動連写、測光モードの簡易設定など、様々な機能を持たせることができます。使用頻度の高い機能を持たせることによって、操作性が一段と向上します。

撮影時のシャッタースピードや絞り値、使用レンズの焦点距離などの撮影データをカメラに撮影させ、背面表示パネルで確認できます。記憶モードは「簡易情報記憶」と「詳細情報記憶」の2つ。記憶させたデータは、データリーダMV-1(別売)を使用してCF(コンパクトフラッシュ)カードに保存し、パソコンで活用できます。

コマ情報(簡易情報記憶時)
コマ情報(詳細情報記憶時)

露出補正ボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回せば1/3段ステップで±5段までの補正量をセット可能。カスタムメニューの設定により、補正量のステップを1/2段または1段に変更できます。また、P(プログラムオート)、SC(シャッター優先オート)時にはサブコマンドダイヤルだけで、AC(絞り優先オート)時にはメインコマンドダイヤルだけで、露出補正のセットができるように設定でき、スピーディな露出補正を可能にします。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員