Nikon Imaging
Japan

D3400 旧製品

より楽しく

10種類のエフェクトでアート気分を満喫。スペシャルエフェクトモード

写真や動画をあなただけの個性的なアート作品に。[極彩色][ポップ][フォトイラスト]などの特殊な効果の写真が撮影でき、楽しみがさらに広がります。ライブビュー撮影では効果をリアルタイムで表示、撮影前に仕上がりが確認できるのでねらいどおりの写真を思いのままに撮影できます。

動画撮影の場合は、コマ送りのような動画として記録されます。
動画撮影の場合は、早送り動画として記録されます。

彩度が上がり、コントラストの高い鮮やかな写真になります。

エフェクト「なし」
エフェクト「あり」

全体的に明るくてポップなイメージに仕上がります。

エフェクト「なし」
エフェクト「あり」

輪郭を強調し、色数を減らすことでイラスト風に表現します。

色の濃さと周辺減光量を調整し、トイカメラで撮影したように表現します。

エフェクト「なし」
エフェクト「あり」

ミニチュア効果

セレクトカラー

20種類の画像編集機能でさらに自分好みに。画像編集メニュー

暗く写った写真を明るく補正するD-ライティングに、背景の雰囲気は変えずに人物だけを明るくできる[人物優先]を搭載。[トリミング]をはじめ、ジオラマ風に表現できる[ミニチュア効果]や被写体の輪郭を線画で描写する[塗り絵]など、クリエイティブな編集機能も充実。動画もカンタンに編集できます。

オリジナル画像
背景の雰囲気を残したまま人物のみを明るく

●RAW現像 ●トリミング ●リサイズ ●D-ライティング ●簡単レタッチ ●赤目補正 ●傾き補正 ●ゆがみ補正 ●アオリ効果 ●魚眼効果 ●フィルター効果 ●モノトーン ●画像合成 ●塗り絵 ●フォトイラスト ●カラースケッチ ●ミニチュア効果 ●セレクトカラー ●絵画調 ●動画編集 ●編集前後の画像表示※

編集前または編集後の画像を1コマ表示してボタンを押して、[画像編集]を選んだときのみ表示されます。

欲しい部分だけをすばやくトリミング。トリミング機能【NEW】

画像編集メニューにアクセスしなくても、再生中にボタンを押すだけで、拡大再生中の画像の欲しい部分だけを簡単にすばやく切り取って保存することができます。

撮影した静止画や動画をハイビジョンテレビで再生できる。HDMI出力対応

静止画や動画の再生をハイビジョンテレビで楽しめる、HDMI(High-Definition Multimedia Interface)に対応※1、※2。インターフェースはHDMIミニ端子を採用しています。さらに、テレビのリモコン※3でカメラの再生操作をすることもできます。

再生には市販のHDMI接続ケーブル(Type C)が必要です。
[1920×1080/60p]または[1920×1080/50p]に設定して動画を記録すると、HDMIの出力解像度やフレームレートが変わることがあります。
HDMI-CEC対応テレビのリモコンの場合。

写真の閲覧も、編集も。表現の幅を拡げるニコンのソフトウェア

RAW画像の高精細データを余すことなく活用して本格的な画像調整をしたい方のための画像現像ソフトウェアです。露出補正、ホワイトバランス、トーンの調整とともにピクチャーコントロールをフル活用して画調を調整できます。

JPEG、RAW、動画ファイルのブラウザー機能に特化したニコンのフリーソフトウェア。フォルダーをまたいで必要なファイルを一時的に保管できる「フォトトレイ機能」を搭載。Capture NX-Dで編集したRAWファイルを見ることもできます。動画編集は、はじめてでも気軽に使える動画編集ソフトウェアViewNX-MovieEditorと連携して行います。各Webサービスへのアクセスにも対応しています。