Nikon Imaging
Japan

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (Special Edition)

製品特長

Dfにジャストフィットなデザインで、気軽に持ち歩ける軽量・コンパクトなレンズ

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8GをベースにDfに合わせてデザインを変更した標準レンズ。レザートーンの外観塗装、アルミ製のシルバーのリングやマニュアルフォーカスレンズのラバーローレットを再現したフォーカスリングなど、Dfの精緻なボディーにフィットするデザイン。軽量、コンパクトで持ち運びしやすいので、常用レンズとしても最適です。

ボケ味が大きく美しい開放F値1.8

見たままに近い自然な画角で被写体を切り取れる、焦点距離50mm(FXフォーマット時)※、開放F値1.8の大口径標準単焦点レンズです。明るい開放F値、円形絞りによる自然でやわらかなボケで、被写体を印象的に演出。スナップやポートレート、風景、また光量の足りないシーンでも手持ちで気軽に撮影できます。

DXフォーマットデジタル一眼レフカメラ装着時には、35mm判換算で焦点距離75mmのレンズの画角に相当。
焦点距離:50mm シャッタースピード:1/1250秒 絞り:f/2.8 フォーマット:ニコンFXフォーマット

AF性能が快適な撮影をサポート

SWM(超音波モーター)搭載により、静粛でスムーズなAFを実現。また、オートフォーカス中でもフォーカスリングを回すだけでマニュアルに切り換わるM/Aモードにより、ファインダーを覗いたままピントの微調整が可能。被写体に集中したまま快適に撮影できます。

非球面レンズによる高い光学性能

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G(Special Edition)は、非球面レンズ採用で球面収差などの諸収差を良好に補正。デジタル一眼レフカメラに対応した光学設計で、画像の周辺部まで高い解像力を発揮し、シャープでクリアーな描写を実現します。

非球面レンズの収差補正イメージ図

ディストーションの補正イメージ
ディストーションの発生を抑え、歪みのない画像へ
球面収差の補正イメージ
レンズ中心周辺から連続的に屈折力を変化させる