Nikon Imaging
Japan

COOLPIX B500

多機能動画

日常やイベントをダイジェスト動画に「ショートムービーショー」

何気ない1日も大切なイベントも、お気に入りのシーンだけを集めたダイジェストムービーとして残せます。数秒ずつ撮影した複数の動画(素材)を自動的につなげて、最長30秒の動画を作成※1※2。動画(素材)ごとにスペシャルエフェクトでさまざまな効果をつけることができます。「ノスタルジックセピア」でレトロにしたり、「ポップ」で明るい雰囲気を演出したりも思いのまま。4曲のBGM※3から好みの曲も付けられます。

COOLPIX B500動画
スペシャルエフェクトの「トイカメラ風1」を使用。
動画の解像度は閲覧するデバイスや回線速度に応じて調整される場合があります。
動画はイメージです。(S7000で撮影)

設定できるモード

・2秒の動画素材×15回撮影
・3秒の動画素材×10回撮影
・5秒の動画素材×6回撮影

メモリーカードを入れていないときは、撮影できません。
撮影を中断して、他のモードに切り換えて撮影や再生ができます。再度ショートムービーショーモードを選ぶと、素材の撮影を再開できます。
撮影後にBGMの変更はできません。

超望遠ズームが使える「ステレオ音声付きフルHD動画撮影」

光学ズームで超望遠でのムービー撮影が楽しめます。撮りたいシーンに出会ったら、ワンボタンですぐに撮影スタート。細部まで美しく、なめらかな動きの動画を撮影できます。さらに、録画の一時停止や動画撮影中の写真撮影なども可能。常にピントを合わせ続ける「常時AF」を設定できるので、被写体との距離が変化するシーンでも被写体をより鮮明に捉えることができます。

「フルHD」は、1920×1080フォーマットで記録できることを表します。
動画の写る範囲は、動画メニューの[動画設定]や[電子手ブレ補正]の設定によって異なります。
1回の撮影で記録可能な時間は、メモリーカードの残量が多いときでもファイルサイズ4GBまで、または最長29分までです。カメラが熱くなった場合、連続撮影可能時間内でも動画撮影が終了することがあります。
高精細な画質をハイビジョンTVの大画面で楽しめるHDMIケーブル(市販)対応。
本ページに掲載の画像は一部を除きイメージです。