Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

ARCREST PROTECTION FILTER 95mm

製品特長

レンズ本来の描写力に極限まで迫るARCREST

超低反射ARコートの採用と高い光学性能の実現でレンズ本来の描写力に極限まで迫る、高性能保護フィルターです。大切なレンズを保護しながら、画像への影響を最小限にとどめる高い光学性能を実現しています。

片面反射率約0.1%の超低反射ARコート「ゼロワンARコート」を採用

ニコン独自のテクノロジーで、420nm〜680nmの可視光域で片面設計値約0.1%に近づけた超低反射率の多層膜ARコート「ゼロワンARコート」を採用しています。波長の違いによる反射率のばらつきが小さく、カラーバランスの乱れを極限まで抑え、ゴースト・フレアの発生を低減。フィルターを装着することで生じるレンズ本来の描写力の低下を最小限にとどめ、コントラストが高く階調豊かな映像表現を可能にします。夜景、星景の撮影でも描写への影響がほとんどありません。

ARCRESTの透過率(両面)

透過率95%以上の部分を拡大

すべてにこだわって達成した高い光学性能

NIKKORレンズにも採用している高品質な光学ガラスを採用し、新たに開発した高精度な研磨技術によって干渉縞※1本以下という極めて高い平面精度を実現。さらに、ニコン独自開発のフレームへのマウント技術「フラットプレーンシステム」により、ガラスにかかる負荷を大幅に軽減してガラスの歪みも最小限に抑えました。ARCRESTはこれらの積み重ねをベースに、フィルター有効径の約85%のエリアで、透過波面精度がλ/4以下の精度に収まるよう設計。レンズ本来の描写力を極力損なわない高性能保護フィルターとして、あらゆる点にこだわって光学性能を高めています。

ARCRESTは、素材選びから光学性能を追求し、NIKKORレンズにも採用している高品質な光学ガラスを採用しています。優れた透明性・均質性を持つ光学ガラスです。

新たに開発した高精度な研磨技術により、干渉縞が1本以下という極めて高い平面精度を実現。ガラス面の高精度な平面性により入射光の波面乱れを極限まで抑えており、レンズ本来の描写力を損ないません。

原器による平面精度の比較

ARCREST
一般的な保護フィルター
A社保護フィルター(同等品クラス)
B社保護フィルター(同等品クラス)

フィルターガラスと原器の間に空気が侵入していると干渉縞が発生し、平面精度が低い(面の歪みが大きい)ほど干渉縞に不均一な乱れが発生します。ARCRESTは縞の発生も乱れもほとんどみられません。

一般的に、フィルターのガラスはフィルターフレームにバネや金属リングでマウントしています。しかし、これまでの方法ではガラス面に応力が加わるため、ガラス面に歪みが発生する原因となっていました。ニコンが独自に開発した新たなマウント技術「フラットプレーンシステム」では、ガラスとフレームの間に特殊なエラストマ-を挿入してマウント。ガラスにかかる応力を大幅に軽減し、マウントによる歪みを最小限に抑えています。また、高温・低温に耐えられるエラストマーで、酷暑・極寒の環境下においてもガラスの保持力は低下しません。フィルターフレームのガラス保持力は、400Gの耐衝撃試験※をクリアーするガラスの脱落やフィルターフレームの分解が発生しにくい設計です。

ARCREST試験条件による。ガラス保持力の試験であり、ガラス強度の試験ではありません。

解像力の比較(赤枠内を拡大)

風景撮影のディテール部分も、ARCRESTはレンズ本来の描写力に近い高い解像力で描写できます。

ARCREST
A社保護フィルター(同等品クラス)
B社保護フィルター(同等品クラス)

ゴーストの比較(赤枠内を拡大)

強い光源のある夜景の都市風景も、ゼロワンARコートの効果により、ARCRESTではゴーストが抑えられています。

ゴーストの比較(赤枠内を拡大)

強い逆光の為、フィルター無しの状態でもわずかにゴーストが発生しています。そのような厳しい状況でも、ARCRESTは、フィルターなしとほぼ同等の結果でした。

点光源時の比較(赤枠内を拡大)

天体撮影は保護フィルターの性能が影響しやすい写真ジャンルです。解像力低下やフレアの影響で小さい星が写らなくなったり、カラーバランスがくずれて星の色に影響が発生したりします。ARCRESTは、フィルター無しの場合に匹敵する結果です。

レンズ本来の画質
ARCREST

優れた撥水・撥油コートを採用

フィルターのために開発した独自の撥水・撥油コートを採用しています。水滴、油、指紋などの汚れが付着しにくく、万一付着しても容易に拭き取れる、高い防汚性能を発揮。試験荷重200gで1000回以上の拭き取りテスト※に合格した高い耐久性も備えています。ガラスの両面に撥水・撥油コートを施しており、過酷な撮影環境下においても安心して撮影に集中できます。

ARCREST試験条件による。NIKKORレンズのフッ素コートの試験条件とは異なります。

薄型フレーム設計、ガラス端面の墨塗り加工

一般的な保護フィルターに比べ約30%の厚さを削減した、3.4mm※1(φ95mmは3.9mm)の薄型フレーム設計で、超広角レンズ使用時もケラレが発生しません※2。フィルターフレーム表面にはキズに強いブラックアルマイト処理を実施。さらにフィルターフレーム先端には、指がかりをよくしてフィルターの着脱を容易にするローレット加工を施しています。また、フィルターフレームは光の反射を抑えるサテン仕上げとし、ガラス端面には斜めからの入射光の内面反射を軽減する墨塗り加工を施して、逆光時のゴースト・フレアの抑制をアシストしています。

フレームの厚さ比較

ARCREST
一般的な保護フィルター
ネジ込み部を除く。
2020年3月現在、発売中のNIKKORレンズ装着時。

その他、多彩なパフォーマンス

ニコン純正、メイドインジャパン


カメラとレンズを知り尽くした上でお届けする、ニコン純正の高性能保護フィルターARCRESTは信頼の日本製です。

レンズキャップ・レンズフード取り付け可能。


フィルターを装着した状態でも、レンズキャップ・レンズフードが装着が可能。

安心の強度を発揮するガラス厚2mm


(φ95mmは2.3mm)

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員