Nikon Imaging
Japan

「第67回ニッコールフォトコンテスト」表彰式典を開催

「第67回ニッコールフォトコンテスト」に応募された計41,249点の作品の中から、吉村俊祐氏(宮崎県)の『ヒトスジの想い』(組写真)を最高賞である「長岡賞」に決定しました。

長岡賞:『ヒトスジの想い』(組写真)吉村俊祐氏(宮崎県)

賞金:総額100万円(第2部カラー ニッコール大賞 賞金30万円、長岡賞 賞金70万円)
賞品:ニコンZ 7 レンズキット(NIKKOR Z 24-70mm f/4S 付き)

67回目にあたる今回の「ニッコールフォトコンテスト」には、「第1部モノクローム」「第2部カラー」「第3部ネイチャー」「第4部TopEye&Kids」の4部門に対し、幅広い年齢層の方々から合計41,249点の応募がありました。各部のニッコール大賞の中から、7名の審査員による厳正なる審査によって、「ニッコールフォトコンテスト」の最優秀作品に贈られる「長岡賞」を決定しました。12月17日(火)には、ハイアットリージェンシー東京(東京都新宿区)にて入賞作品を表彰する式典を開催します。

審査員
ニッコールクラブ顧問:大西みつぐ氏 小林紀晴氏 佐藤倫子氏 ハナブサ・リュウ氏 三好和義氏
ゲスト審査員:写真家 星野佑佳氏 株式会社日本写真企画 フォトコン編集部 編集長 藤森邦晃氏

ニッコールクラブ顧問佐藤倫子氏のコメント

本年度のニッコールフォトコンテストの審査は、ニッコールクラブ顧問に加え、写真家の星野佑佳氏、写真雑誌『フォトコン』編集長・藤森邦晃氏をゲスト審査員に迎えて行われました。数多くの力作の中から優れた作品を選び、何度も話し合って各賞を決定しました。歴史あるニッコールフォトコンテストは、これからもその時代ならではの写真表現が集う、貴重な場となっていくのでしょう。また来年、2020年らしい作品が生まれることを期待しています。

第67回ニッコールフォトコンテスト受賞作品写真展

「長岡賞」を受賞した作品を含む「第67回ニッコールフォトコンテスト」受賞作品は、12月17日(火)より写真展会場「THE GALLERY」にて展示されます。

「ニッコールフォトコンテスト」とは

1953年に始まり本年度で67回を迎えた、国内でも有数の規模と歴史を誇るフォトコンテストです。プロフェッショナルとアマチュアの枠を超え、誰でも参加できる写真コンテストとして注目度が高く、毎回多くの優れた作品が発表されています。

以上

こちらに掲載されている情報は公開日現在の情報となり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。
ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら